体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ

足が臭いのは靴下が臭くなっているという新常識!臭わない対策満足宣言

家に帰り、革靴や運動靴、冬場になればブーツなど、長時間履いた後、靴を脱いでみると思っていた以上に足が臭くて臭くて、ご自身の足の臭いに驚く人も多いのではないでしょうか。靴を脱いだ後、プーンと臭ってくるのは、実は、足が臭いというよりは、靴下が臭くなっているからなのです。

後ほど詳しく解説していきますが、足の裏は、汗をかきやすい場所なのですが、普段、靴と靴下を履いて生活していると靴の中が高温になり、さらに汗をかきやすくなります。

これにより靴の中が高温多湿になり、ますます菌が繁殖しやすい環境ができてしまっているのです。この環境こそが足の臭いを強くさせ、発生した臭い物質は靴下へと移り、臭いをどんどん蓄積していくのです。この蓄積したことで最も臭いのは靴下となるわけです。

では、臭くならないためにはどうすればよいのでしょうか。それは、足を清潔に保つことがもちろんですが、靴下が臭くなくなれば、足のニオイを気にすることがなくなります。

そこで、ここでは、臭わない靴下を選ぶポイントと、靴下が臭くならない商品をAmazonと楽天市場を中心に、おすすめできる商品を調査した結果、そして、靴下が臭くならない為の対策をご紹介します。

靴下を履くだけで、足の臭いを抑えることができれば、とても簡単で便利な対策になります。ぜひ参考にしてください。


Contents
1.足の臭いをさせない靴下を選ぶ4つのポイント

2.足の臭いを抑えるためにおすすめできる消臭靴下5選
2-1.究極のビジネスソックス 綿100%綿麻 選べる2タイプ 黒 5足組み/ apple
2-2.デオエスト消臭ビジネスソックス・ベーシックリブ[2足組]/デオエスト
2-3.SUPERSOX3x1リブ 5足セット/靴下の岡本
2-4.Deolレギュラーソックス/興和堂
2-5.GIIIIN消臭機能付き五本指ソックス/タビオ

3.靴下が足臭くなる理由

4.消臭靴下を使わなくても靴下が足臭くならない為にできる対策
4-1.ニオイを外に放出させない為に靴下を履き替える
4-2.社内ではサンダルに履き買えて通気を良くする
4-3.足に汗をかいたときは汗拭きシートでしっかり汗を拭き取る

5.足の臭いを抑えるために素足と靴への対策を忘れずに
5-1.素足を丁寧に洗うこと
5-2.1日履いた靴は2日休ませること

6.まとめ



1.足の臭いをさせない靴下を選ぶ4つのポイント

最も大切なことは、臭わない靴下であることです。万全な対策を行いしっかり足の臭いを抑制したい方には、4つの機能を兼ね備えている靴下を選ぶことが重要です。

消臭靴下に求められる4つの機能

複合臭が消える
消臭スピード
消臭容量
機能持続期間

この4つの機能を全て網羅している靴下で足の臭いを抑制できる靴下が、後でご紹介しますが、急速分解消臭デオルソックスとなります。

実際、消臭実験を行い検証した結果及び消臭靴下の選び方について、「足が臭わないと実感できる消臭靴下の選び方と消臭実験の検証結果」にて、詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

消臭靴下には、消臭機能が優れた靴下、消臭される時間が早くて長い靴下、消臭のほかに速乾性や放湿性に優れた靴下など、それぞれに優れた特徴や機能があります。

足の臭いが気になる方には、もちろん消臭効果が優れた靴下を着用されることをおすすめしますが、履き心地を優先されたり、速乾性や通気性などを求める方は、それぞれの機能や素材が優れた靴下を選ばれるとよいと思います。

少しでも臭くならない靴下であればよい方は、現在販売されている靴下のほとんどが、抗菌・消臭が表示されていますので、足臭の軽減は期待できるでしょう。ただし、消臭効果があっても「臭わない靴下」ではないことが前提です。

2.足の臭いを抑えるためにおすすめできる消臭靴下5選

【略】

3.靴下が足臭くなる理由

ここまで、消臭機能を持った靴下をご紹介してきました。ではなぜ、靴下に消臭機能を持たせることが重要なのでしょうか。通常、足は、靴下と靴で覆われて生活をしています。

素足であれば、足はあまり臭くなりませんが、足が密閉状態になることで、足の温度は高くなり、蒸れ、たくさん汗をかいた状態になります。この高温多湿の環境が続くことで、汗や汚れをエサとして菌が繁殖していき臭い物質を発してしまいます。

汗を吸い取るのも靴下、吸い取った汗をエサに菌が繁殖していくのも靴下、菌が繁殖した際に発する臭い物質が蓄積されていくのも靴下なのです。

臭いというのは小さな小さな物質なため、表面積の大きなものに吸着されやすい性質を持っています。靴下は、繊維で出来ているため、とても表面積が広く、多くの臭い物質を吸着することができます。

このため、足の臭いといえば靴下の臭いと言えるほど、靴下の臭いは足の臭いの大きな要因になるのです。

「足の臭いが作られる原因と3つの対策で靴を脱いでも安心!」で詳しく解説しています。ご興味のある方は読んでみてください。


4.消臭靴下を使わなくても靴下が足臭くならない為にできる対策

4-1.ニオイを外に放出させない為に靴下を履き替える

靴下やストッキングの替えを用意しておいて、汗をたくさんかいたときや、ニオイが気になるときいは、こまめに履き替えることで、靴下に臭いを蓄積させず、周りにも足臭さを気づかれることはありません。当たり前に思われますが、瞬時に臭わない足にしてしまう、今すぐできる簡単な対策になります。

4-2.社内ではサンダルに履き買えて通気を良くする

1日中、靴を履くことで、足の臭いをより発生させるとお話してきました。社内にいるときは、サンダルに履き替えて、靴や足を蒸れから開放してください。臭いの発生を抑えるとともに、靴下や靴に、臭いを蓄積を抑えることができます。

4-3.足に汗をかいたときは汗拭きシートでしっかり汗を拭き取る

汗は菌の繁殖のエサとなると繰り返しお話してきました。汗をかいたまま放置することで、より臭いを強くさせるも元になります。足に汗をかいたら、汗拭きシートでしっかり汗を拭き取ることで、臭いを抑制させることができます。

4-1.で紹介した靴下を履き替えるタイミングで、足にかいた汗を拭き取るとより臭いの発生を抑えることができます。


5.足の臭いを抑えるために素足と靴への対策を忘れずに

5-1.素足を丁寧に洗うこと

入浴時には、特に丁寧に足を洗うことが大切です。足の指と指の間は、汚れが溜まりやすく、洗い忘れの多い部分です。念入りに丁寧に洗ってください。また、足に角質が溜まっていることで、菌のエサとなります。定期的に角質を除去することを行なってください。

具体的な方法については「洗っても足が臭いのはなぜ?その原因「イソ吉草酸」の正体と解消法」で解説していますので、ぜひ参考にこの記事と合わせて読んでみてください。

5-2.1日履いた靴は2日休ませること

1日履いた靴は、汗でかなり湿っているので、しっかり乾燥させるために2日休ませることが大切です。臭いを抑えるためには、靴の湿気を取り除き、靴の内部を清潔に保つことです。風通しの良いところに立てかけて陰干しをしてくよく乾かしてください。

靴を何足も揃えることが難しい場合には、中敷を敷いて、一日ごとに交換するだけでも臭いを抑えることが期待できます。使用後の中敷は、次に使用するまでにしっかり乾かしてください。

6.まとめ

冒頭でもお話しましたが、足が臭いのは、靴下が臭くなっているということがお分かりいただけたでしょうか。そして、靴下を履くだけで、足の臭いを抑えることができれば、毎日続けられるとても簡単で便利な対策です。

足が臭いなと感じたら、素足を清潔保つことを大前提に、ここで紹介した靴下と靴の対策を合わせて行なうことで、足が臭いという悩みから劇的に解消されます。ぜひ取り入れていただき、毎日の習慣となるよう心がけましょう。


エチケぴゅあ  足が臭いのは靴下が臭くなっているという新常識!臭わない対策満足宣言
http://etiquepure.com/foot-smelling-socks-8117

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

足の臭いを抑える対策グッズはホントに効果あるの?種類別徹底調査!

足の臭いを抑えるための対策として様々なグッズが販売されていますが、本当に効果があるのか?どのグッズが一番よいのか?選ぶ基準がわからず迷われている方も少なくないと思います。

グッズの中でも数が多いため、石鹸については別記事で詳しく調査しています。「足の臭いを消す石鹸・オススメはズバリどれ?7つの石鹸口コミ調査」で解説していますので、ご興味のある方は読んでみてください。

そこで、今、世の中ではどのようなグッズが使われ、評判よいのか、Amazonや@コスメを対象に、パウダー、クリーム、スプレー、足洗いマットのそれぞれを種類別で調査をしました。検索した結果で、消費者の方に評判がよいものを中心に独自の視点でグッズを抽出しています。

ただ、当メディアでは、本当に足の臭いを抑えるためには、正しく足を洗うことがとても重要だと考えています。そのため、今回取り上げるグッズを上手に取り入れて、正しい洗い方と合わせて活用してください。

それでは、それぞれ評判の良いグッズについて確認していきましょう。


続きは次のページを御覧下さい。
http://etiquepure.com/feet-smell-countermeasure-goods-7614

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

【専門医が教える】足の臭いの原因は3タイプ!今日からできる臭いレス対策とは?

いよいよ夏本番! サンダルが多くなるこれからの季節は、足の臭いが気になりますよね...。 実は、足の臭いには原因別に3タイプあり、それぞれの対策が全く異なります。そこで今回は、日本で唯一の体臭専門医・五味クリニックの五味常明院長にお話を伺ってきました。

1. 汗と雑菌が混じり合う、細菌由来タイプ

一般的に多いのがこのタイプ。足に汗をかくと雑菌が繁殖し、皮膚の角質にあるタンパク質などを分解することで臭いが発生してしまいます。

ケア方法
制汗剤には殺菌剤が入っているので、まずは制汗剤を使用しましょう。また足に角質がたまっていると雑菌のエサになるので、軽石などで角質ケアすることも大切ですよ。さらに、靴対策も重要です。サンダルやパンプスは毎日同じものを履かないで、三足ぐらいをローテーションして履くように心がけて。1日履いた靴は陰干しして、消臭剤やシリカゲルなどの乾燥剤で湿度をとってお休みさせましょう。

2. 足の臭いもストレスから! 緊張性発汗タイプ

このタイプは予期不安や緊張が原因になります。「人と一緒にいると部分的に汗をかく」、「足が臭うかも...と思うことで不安になり発汗してしまう」など、止めようとすればするほど汗が出てしまう、発汗スパイラルに陥ってしまいがちです。

ケア方法
消臭スプレーなどをストッキングやサンダルを履く前に足に使用したり、木酢液酢など酸性のお酢で足を洗ったりするのがおすすめです。これらは消臭効果はもちろん、「予防してきたから大丈夫」という安心作用も働きます。それでも気になり始めたら...その思いを断ち切るためにも「私は人と会うと気遣いで、汗をかきやすいのよね」と自分の中で開き直ると、意外と出なくなることもありますよ!

3. 足がむくむと臭う、疲労臭タイプ

足を洗っても臭いが取れないという人は、実は足がむくんでいる場合が考えられます。足がむくむと、血行が悪くなり、足の汗の中からアンモニア臭が出てきます。アンモニア臭が細菌由来の臭いと混ざった時に、特に臭いが酷くなります。

ケア方法
まずは足の血行を良くして足に疲れを溜めないこと。お風呂の後に股関節のストレッチをすることも効果的です。また腸内環境が悪いと老廃物がたまりやすいので、野菜の多い食生活を心がけましょう。肝機能が悪いとアンモニアが浄化されないのでオルニチンを多く含んだシジミを摂取するのもおすすめですよ。

自分がどういう時に臭うのかを知った上で、正しいケアをしていきましょう!


http://top.tsite.jp/news/beauty/o/36238312/index

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

加齢臭より強烈! 30〜40代が放つ「ミドル脂臭」撃退法

 50代以降の男性の「加齢臭」を好む“枯れ専女子”はいるが、概して女性は臭いを嫌う。汗をかきやすい季節、30、40代も注意した方がいい臭いが「ミドル脂臭」。

 マンダムによると、「ミドル脂臭」は、後頭部やその周辺から発生する「ジアセチル」と皮脂に含まれる中鎖脂肪酸が混ざって臭うという。ジアセチルは汗の中の乳酸が、皮膚上の常在細菌(ブドウ球菌)に代謝・分解されることによって発生するという。

 ミドル脂臭は、加齢臭の原因物質ノネナールよりも強く、周りに拡散しやすいから厄介だ。体臭に詳しい「五味クリニック」(東京・大久保)の五味常明院長に聞いた。

「この臭いを発生しやすいのは、普段汗をかきにくい人やストレス・疲労をためこんでいる人など。疲労物質の乳酸が体内にたまっている人ほどジアセチルを発生しやすい傾向があります」

■普段から運動でしっかり汗を

 臭さを左右するのが、汗腺だ。汗腺は、水分以外の成分を濾過して再吸収する機能がある。

「汗腺が正常に機能していれば、臭いません。しかし、機能が不十分だと、乳酸などさまざまな成分が含まれた“ドロドロの汗”が皮膚上に排出されるため、ミドル脂臭の原因となるのです」

 乳酸は、筋力トレーニングなどの無酸素運動を行ったときや、強度の高い運動を行ったときに生成されやすいが、運動自体が悪いわけではないという。

「有酸素運動で、運動持久力を高めて最大酸素摂取量をアップすると、乳酸は生成されにくくなります。また、普段から運動でしっかり汗をかくようにしておけば、汗腺が鍛えられるので一石二鳥です」

 冷房の効いたオフィスにこもって仕事をしていると、汗腺機能が低下。ランチや仕事帰りに外に出て噴き出した汗が臭くなりやすい。

「酢や柑橘類からクエン酸を取ると、乳酸や脂肪を代謝するクエン酸回路が活性化します。臭いの原因物質が代謝されて効果的です」

 臭う人は、汗をかく訓練をするのがよさそうだ。

https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-404660.html

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

急に頭が汗臭いと感じた方必見!今日からできる4つの実践解消法

エチケぴゅあ
http://etiquepure.com/head-sweat-odor-7747

皆さんは、頭の汗の臭いが気になった事ってありませんか?頭の汗が臭くなる原因は、頭皮と頭髪にあります。頭皮は、体の中でも汗や皮脂が多く分泌される場所で、それと同時にニオイも溜まりやすい場所です。頭のニオイは、この汗や皮脂が雑菌によって分解されることで発生します。

また髪の毛は、表面積が大きいのでニオイ物質を吸着します。そして吸着したニオイ物質は髪の毛によって拡散されるので、周囲の人に不快な臭いを撒き散らしてしまうのです。そこでこの記事では、頭の汗の臭いを抑えるための、4つの実践解消法をご紹介していきます。今日からすぐできる方法ですので、ぜひ実践してみてください。


1.シャンプーはすすぎに時間をかける

頭を清潔に保つために、まずやるべきなのが正しい頭の洗い方を身に付けることが大切になります。髪の毛や頭皮の環境を健やかにするために、今日からすぐにできる正しい頭の洗い方を4つのステップでまとめました。

Step1.シャンプーの前に髪全体を優しくブラッシング
髪の毛が乾いた状態で、髪全体を優しくブラッシングすることで、髪の毛についたホコリや汚れをある程度落とすことができます。また、絡まった髪の毛がほどけることでシャンプーの泡立ちが良くなる効果もあります。

Step2.ぬるま湯で予洗いを行う
髪を濡らしたらすぐシャンプーを付けるのではなく、まずはぬるま湯で予洗いをしましょう。頭皮を優しく揉むようにしてゆっくりとお湯をなじませていきます。こうすることで、シャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮の汚れも落ちやすくなるからです。

Step3.シャンプーをよく泡立ててから洗う
泡立っていないシャンプーをそのまま付けてしまうと、泡立てる時に頭皮や髪が傷ついてしまうので、シャンプーを使う時は、必ず手に取ってよく泡立ててからにしましょう。また髪の毛についたホコリや汚れはお湯でほとんど落ちてしまいますので、洗うときは頭皮を中心にして優しく丁寧に洗っていきます。この時、爪を立ててゴシゴシ洗うと頭皮が傷ついてしまうので、指の腹を使ってマッサージするように、優しく揉み洗いすることが大事なポイントになります。

Step4.すすぎは時間をかけてしっかり行う
すすぎの工程は、最も大切なステップになります。ササっと短時間で終わらせてしまうと、すすぎ残しができてしまい、頭皮のトラブルや、逆に臭いを発生させる原因となってしまいます。そのため、すすぎは時間をかけて、しっかりと洗い流すことが重要です。2〜3分かけて丁寧にすすぎを行いましょう。特にえり足やもみ上げなどは、すすぎ残しをしやすい場所ですので注意して洗い流しましょう。

頭を清潔に保つためには正しい頭の洗い方がとても大切なので、ここでご紹介したシャンプーやすすぎのやり方を参考にして、さっそく今日から見直してみてくださいね。


“ おしゃれ意識が臭いの原因に!? ”
ワックスやヘアスプレーなどスタイリング剤を使っている人は注意が必要です。おしゃれやニオイ対策で整髪料やヘアコロンなどでいい香りをつけるか方もいますが、それらの成分が必要以上に頭皮につくと毛穴や汗腺を塞いでしまい、逆に皮脂や汚れが溜まり、強い臭いの原因になってしまうのです。

また油性のスタイリング剤などは皮脂と同じように酸化するので不快なニオイのもとになってしまいます。よって整髪料などをつける際は出来るだけ頭皮につかないように、1度手につけてから、毛先のほうだけつけるようにするだけでも頭皮への付着を抑えることができるはずです。是非試してみてください。



2.洗髪後はすぐにしっかりと乾かす

洗髪後はすぐにドライヤーをかけて、しっかりと髪を乾かします。髪の毛や頭皮を湿ったまま放置すると、雑菌が繁殖しやすくなるので、必ず湿り気が残らないようにきちんと乾かすことが重要なポイントになります。

ドライヤーで乾かす
髪の毛が長い方や、髪の量が多い方は、髪をかき上げたりドライヤーの当たる角度を変えながら温風を当てていくと早く乾きやすいです。ここで注意点は、ドライヤーを高熱にして一気に乾かそうとすると髪の毛や頭皮を痛めることになるので、慌てずゆっくりと行うようにしましょう。


3.週に一度の頭皮クレンジング

頭皮クレンジングとは、顔のメイクや皮脂の汚れを洗い流すクレンジングと同様に、頭皮の毛穴に詰まった汚れや皮脂をクレンジングして洗い流すことです。頭皮の毛穴に皮脂などの汚れが詰まると、それらが酸化し不快な臭いの原因になります。ここでは、自宅で気軽に行える頭皮クレンジングの方法をご紹介しますので是非試してみてください。

3-1.乾いている状態で軽くブラッシング
まずは、頭が乾いている状態で髪の毛を軽くブラッシングします。指先をつかって軽く髪の毛をほぐすようにブラッシングするか、できるだけ目の粗いブラシで頭皮に触れないように優しくブラッシングするのがポイントです。髪の毛のもつれを整え、髪に付着したホコリやゴミを落とすことが出来るのでオイルが頭皮に浸透しやすくなります。

3-2.頭皮にクレンジングオイルを浸透させる

次に頭皮にクレンジングオイルをつけていきます。皮脂が多く分泌される頭頂部や後頭部を中心に、指の腹を使いながら全体にまんべんなく浸透させていきます。1回で使用するオイルの量は500円玉1個分を目安にしてみてください。

3-3.頭皮全体を軽くマッサージしていく
オイルを頭皮につけたら、頭皮をマッサージしながらオイルをなじませていきます。あまり強い力を入れず優しくもみ込むように指の腹で頭皮全体をマッサージしていきます。マッサージは長い時間やる必要はありません。1分〜2分の短時間で、地肌全体にオイルがなじんだと感じる程度がベストです。

3-4.ぬるめのお湯でしっかりとすすぎ洗いをする
オイルが頭皮になじんだらお湯でしっかりとすすいでいきます。お湯は、熱すぎると頭皮の皮脂を必要以上に流してしまいますので、少しぬるめ(36〜37℃)のお湯ですすいでください。すすぎが終わったら通常通りシャンプー、リンスをおこないます。

ここでご紹介した頭皮クレンジングを行うと余分な頭皮の汚れが取れるのですが、毎日やるのはNGです。週に1度を目安に実践することがおススメです。頭皮クレンジングは、いつものシャンプーでは取りきれていない汚れを落とすためのものです。

やりすぎてしまうと頭皮の必要な皮脂までが不足してしまい、それを補うため、かえって過剰に皮脂が分泌されてしまいますので、週に一度、お休みの日など時間がある時に行う程度がベストになります。


4.シャンプーは肌に優しい低刺激性シャンプーがおすすめ

頭の臭いが気になった時ついやってしまうのが、洗浄力の強いシャンプーを使ったりすることです。確かに洗浄力が強いシャンプーを使えばベタつきや臭いの原因である皮脂を取り除くことができますが、皮脂には肌を乾燥から守る役割もありますので、皮脂を取りすぎると乾燥を防ぐ為、かえって過剰な皮脂が分泌されることになりますので、逆に臭いを強くする原因となります。

先にも述べたとおり、最も大切なのは「洗い方」ですので、洗浄力の強いシャンプーは必要ありません。よってシャンプーを選ぶ際は、肌への刺激が少ない「低刺激性のシャンプー」を選ぶことをおすすめします。


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 頭臭

【専門医が教える】足の臭いの原因は3タイプ!今日からできる臭いレス対策とは?


いよいよ夏本番! サンダルが多くなるこれからの季節は、足の臭いが気になりますよね...。 実は、足の臭いには原因別に3タイプあり、それぞれの対策が全く異なります。そこで今回は、日本で唯一の体臭専門医・五味クリニックの五味常明院長にお話を伺ってきました。

1. 汗と雑菌が混じり合う、細菌由来タイプ

一般的に多いのがこのタイプ。足に汗をかくと雑菌が繁殖し、皮膚の角質にあるタンパク質などを分解することで臭いが発生してしまいます。

ケア方法
制汗剤には殺菌剤が入っているので、まずは制汗剤を使用しましょう。また足に角質がたまっていると雑菌のエサになるので、軽石などで角質ケアすることも大切ですよ。さらに、靴対策も重要です。サンダルやパンプスは毎日同じものを履かないで、三足ぐらいをローテーションして履くように心がけて。1日履いた靴は陰干しして、消臭剤やシリカゲルなどの乾燥剤で湿度をとってお休みさせましょう。


2. 足の臭いもストレスから! 緊張性発汗タイプ

このタイプは予期不安や緊張が原因になります。「人と一緒にいると部分的に汗をかく」、「足が臭うかも...と思うことで不安になり発汗してしまう」など、止めようとすればするほど汗が出てしまう、発汗スパイラルに陥ってしまいがちです。

ケア方法
消臭スプレーなどをストッキングやサンダルを履く前に足に使用したり、木酢液酢など酸性のお酢で足を洗ったりするのがおすすめです。これらは消臭効果はもちろん、「予防してきたから大丈夫」という安心作用も働きます。それでも気になり始めたら...その思いを断ち切るためにも「私は人と会うと気遣いで、汗をかきやすいのよね」と自分の中で開き直ると、意外と出なくなることもありますよ!

3. 足がむくむと臭う、疲労臭タイプ

足を洗っても臭いが取れないという人は、実は足がむくんでいる場合が考えられます。足がむくむと、血行が悪くなり、足の汗の中からアンモニア臭が出てきます。アンモニア臭が細菌由来の臭いと混ざった時に、特に臭いが酷くなります。

ケア方法
まずは足の血行を良くして足に疲れを溜めないこと。お風呂の後に股関節のストレッチをすることも効果的です。また腸内環境が悪いと老廃物がたまりやすいので、野菜の多い食生活を心がけましょう。肝機能が悪いとアンモニアが浄化されないのでオルニチンを多く含んだシジミを摂取するのもおすすめですよ。
自分がどういう時に臭うのかを知った上で、正しいケアをしていきましょう!

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

ワキガ、加齢臭…元凶もさまざまな体臭 健康状態と密接関係「生活習慣病の進行も」

 「体臭とは、エクリン腺とアポクリン腺と呼ばれる2つの汗腺と、皮膚の内層にある皮脂腺から出る臭いが混ざり合ったもの」と話すのは、東京都新宿区にある五味クリニックの五味常明院長。

 エクリン腺が全身の至るところにあるのに対して、アポクリン腺はワキの下や耳の外耳道、へそや下半身の「デリケートゾーン」など、特定の部位に集中している。

 「エクリン腺から出る汗は、暑い時や運動した時など、主に体温を調節するために放出されます。成分の99%以上は水分で、サラッとした、ほぼ無臭の“良い汗”です」

 もうひとつの汗がやっかいだ。

 「アポクリン腺から出る汗は、脂質やタンパク質、アンモニアなど、さまざまな成分を含んでいます。それらが、皮膚の常在菌によって発酵された臭いが、『臭汗症』や『腋臭症』とも呼ばれる“ワキガ”。アポクリン腺から出る汗が、ワキの下のエクリン腺から出る汗と一緒になったとき、臭いの飛躍性が増し、さらに強く感じます」

 アポクリン腺の数や大きさは、体質によって人それぞれに異なる。

 「耳垢が湿っている人は、外耳道のアポクリン線の働きが活発。ごく少量の血液を指先から採取する『遺伝子解析』の検査ですぐに分かりますが、耳垢が湿っている人ほど、強度のワキガ体質である可能性が高い」



続きは下のリンク先を御覧下さい。
http://www.zakzak.co.jp/lif/news/170627/lif1706270004-n2.html

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

夏のオンナのニオイ事情

本当にあったニオイ事件簿

脇をレーザー脱毛した直後はなぜか雑巾が腐ったようなニオイが。
しかも約1週間も継続(T子)。
「脱毛をしたことで脇に意識が向かい、緊張性発汗が促されたのかも。精神的な要因で出る汗は短時間でドッとふき出し、アンモニアを多く含むため、独特のニオイがします」(五味先生)

仕事で追い詰められるほど、頭皮がジリジリ皮脂臭く……!
そんな日はオヤジ臭が強くて、ダンナの枕より自分の枕のほうがクサイ(K実)
「それは皮脂そのものではなく、皮脂が酸化したニオイ。ストレスは活性酸素を発生させ、皮脂の酸化を進めます」(五味先生)

喉の奥から出てくる臭い玉、唐突に出てきて猛烈にクサイ。
咳をしたときなどに喉から出てくる白い塊は、正式には膿栓というらしい(M美)。
「舌に食べ物のカスなどが堆積した舌苔がポロポロとはがれることもあるのですが、喉の問題なら耳鼻科を受診しましょう」(五味先生)


汗が臭うメカニズム

アポクリン腺
タンパク質や脂質などを多く含む汗を分泌し強いニオイやワキガ臭の原因になる。フェロモンの名残ともいわれ、脇の下や陰部周辺、外耳道など特定の部位に分布。

エクリン腺
体温調節が主な働きで、分泌される汗は約99%が水分。ニオイの原因になりにくい。緊張や辛いものを食べたときにかく汗もこちら。唇やまぶたを除く全身に分布。


汗は分泌された直後はほぼ無臭だが、汗に含まれるタンパク質などが常在菌によって分解されることで悪臭に。なかでもアポクリン腺から分泌された汗はニオイやすく、ワキガもアポクリン腺が多いことが原因。「ワキガはアポクリン腺を取り除く外科的手術で根治が可能。一方、汗腺を熱で凝固させる『ミラドライ』の効果は永久とは言いきれません」(五味先生)



SPUR.JP
https://spur.hpplus.jp/beauty/feature/201706/11/OSkISWU/

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

働き盛りは要注意!?気になる大人のニオイケア

汗ばむ季節が近づくと、気になってくるのが“ニオイ”です。口臭、加齢臭に加えて、働き盛りの人に特有の「ミドル脂臭」など、さまざまなニオイの対策から、衣替えの時期に覚えておきたい、冬物衣類のニオイ対策まで。体臭多汗研究所所長で医師の五味常明先生に補習してもらいました。

https://www.ntt-card.com/trace/vol37/hoshuu/index.shtml
Trace


食品・日用品でできる お手軽ニオイ対策

「口が臭い」と感じたら……

対策法@
出がらしの茶葉を捨てずに、ガムを噛むようにモグモグする


五味先生の解説

口臭の多くは飲食物による一時的な発生、という場合がほとんどですが、お茶に含まれるカテキンやフラボノイドは次のような働きから口臭を防ぐ効果があります。
カテキン……体内でニオイ物質が作られるのを断ち切る作用がある上、口の中の雑菌に立ち向かう抗菌作用もあります。
フラボノイド……消臭効果があり、食後にお茶を飲むのは口臭予防の意味もあるとされています。
また、脂分の多い焼き肉などの食後には柑橘類やパイナップル、にんにく臭を消したいときは牛乳を飲むと効果があります。

対策法A
梅干しを食べて、唾液を出す


五味先生の解説

梅干しのクエン酸が、口の中の雑菌の繁殖を抑え、酸味で唾液の分泌を促進。唾液には口の中の雑菌を追い払う働きがあります。そのため、お酒臭いと感じたときでも抜群の効果があります。

対策法B
虫歯や歯周病が原因の場合は、ウーロン茶を食後に飲む


五味先生の解説

虫歯や歯周病があると、口臭が気になるもの。ウーロン茶には、虫歯や歯周病のもととなる菌を抑制する成分が含まれています。脂っこい中華料理の後にウーロン茶を飲むのは理にかなった先人の知恵なのです。


対策法C
舌の表面にある白い苔(舌苔)を、専用の舌クリーナーで掃除する

五味先生の解説

舌苔は腸や胃の機能低下により多くなり、ニオイも増します。ハチミツを混ぜたヨーグルトや、水にハチミツとレモン汁を加えたハチミツレモン水などが効果的ですが、週1回を目安に舌苔の掃除をしてもよいでしょう。市販されている専用の舌クリーナーをはじめ、ガーゼやタオル地のハンカチを指に巻き付けて優しくこすることでもきれいになります。



「カラダが臭い」と言われたら……


対策法

ヨーグルトを食べて善玉菌を増やしたり、
食物繊維をとって悪玉菌を減らしたりして、腸内環境を良くする

五味先生の解説

腸内環境のバランスが崩れて悪玉菌が優位になると体臭がニオイだします。また、腸内に悪玉菌が増えると腸内で分解されたたんぱく質が有毒物質をつくり、便を臭くするもとになります。そのため、ヨーグルトや食物繊維をマメに取る「腸活」が体臭を抑えるのに効果を発揮するのです。




「加齢臭かな?」と思ったら……


対策法

@ビタミンCやE、カロチンなどを含んだ食べ物を食べる
Aレモン汁を含ませたタオルで皮膚マッサージをする

五味先生の解説

ビタミンCやEなどは抗酸化作用があります。特にビタミンEは油の酸化を防ぎ、老化防止に役立つといわれています。酸化しやすく熱に弱いので、非加熱のまま摂取しましょう。また、マッサージで外部刺激を与えるのも有効。特にレモンに含まれるビタミンCの抗酸化作用が皮膚腺に働きかけるため、レモン汁を含ませたタオルを使ったマッサージは効果的です。



ワキのニオイが気になったら……

対策法


@ワキを清潔に保つ
Aワキにリンゴ湿布をする
Bリンゴ酢を飲んだり、料理に使う

五味先生の解説

ワキのニオイが気になる場合は、汗をかいたらこまめに拭くなど清潔に保つこと。また、ワキガの場合は、ワキガのニオイ発生のもとである「アポタンパク」の生成を減らす働きがあるリンゴが効果的。リンゴ湿布は、リンゴ1個をすりおろしてガーゼで絞り、その絞りカスを布でくるめば完成です。また、リンゴ酢も自宅で簡単にできるもの。広口ビンの容器に酢とリンゴを入れ、冷暗所に3〜4週間保存して酢が茶色になったら出来上がりです。


来年まで残さない! 冬物衣類のニオイ対策

冬物衣類


衣替えの季節。衣類についたニオイの対策には、薬局やスーパーマーケットなどで手に入る「ミョウバン」が有効です。ミョウバンは100gに対して水1.5ℓで薄めて、スプレー容器に入れてください。わきや首まわりなど汗のニオイが残っている部分に吹きかけて、ハンガーなどに吊るして乾燥させましょう。すると、水分が乾くとともにニオイ成分も消えていきます。

ブーツ&靴

シーズン中は、毎日同じ靴を履くのではなく1〜2日休ませてから履くのが基本。履き終わったら使い捨てカイロを入れておくと、カイロの配合物である高分子ポリマーがニオイをストップしてくれます。シーズンオフなら10円玉を3枚くらい入れて収納すれば、金属イオンが悪臭成分を中和して、菌の繁殖を抑えてくれます。

靴下

冬場に重宝する厚手の靴下は、洗ってもニオイがとりづらいもの。対策は、洗濯機で洗う際に「重曹」をプラスすること。洗濯用粉洗剤を洗濯機に入れたあと、その10倍量の重曹を入れるだけ。あとは通常どおり洗濯機をまわせばOKです。


働き盛り特有のニオイ!? 「ミドル脂臭」にご注意!
 30〜40代になると、加齢臭を気にする人が出てくるようですが、加齢臭が発生しはじめるのは50代以降のこと。30〜40代の働き盛り世代が気にしたいのは、「ミドル脂臭」と呼ばれるニオイなのです。加齢臭がどこか懐かしい、枯れ草のようなニオイなのに対し、ミドル脂臭は胸がムカムカするほどの不快さが特徴で、そのサインは、首の後ろや後頭部から“油っぽいニオイ”がするかどうかです。
 ミドル脂臭は、ジアセチルという成分が皮脂臭と混じって発生します。頭皮に付着した細菌のブドウ球菌が、汗に含まれる乳酸をエサにしてつくられているのです。さらに、ミドル脂臭は、働き過ぎや肉食、ストレス、肥満、運動不足など、いわゆる“オジサン臭い生活”を送っていると多発するともいわれています。規則正しい生活をし、ストレスを運動で発散するなど爽やかなライフスタイルを送ることで改善されるのです。


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

この香りに要注意!「匂いでわかる病気」チェック


 体の具合が悪いなら、その兆候はどこかに絶対に出てくるのだ。放置していたら、とんでもないことになる!

「言いづらいんだけどさ、あなた、ちょっと口臭がするわよ。どこか体がおかしいんじゃない?」 奥さんにこう言われて病院で検査を受けると十二指腸潰瘍だった――。これは決して珍しい話ではない。

『40代からの気になる口臭・体臭・加齢臭』などの著書がある、五味クリニックの五味常明院長は、「口臭や体臭があるときは、なんらかの病気にかかっていることが多い」と言う。「肺がんは、がんの中でも早期発見が難しいといわれていますが、罹患(りかん)すると呼気に独特な匂いが出て、嗅覚が鋭い犬には、これが判別できるそうです。最近、これにヒントを得て≪呼気で分かる肺がん判定機≫も開発されました。人間の鼻では難しいかもしれませんが、いつもと違った匂いに早めに気がつけば、病気の早期発見につながります」(五味院長)

また、アンモニア臭に加え、ツンとするような酸っぱい体臭がするときは、疲労が限界にきているケースが多いという。「一般に疲労臭というのですが、疲れが肝機能を低下させ、アンモニアを分解できなくなっているのです。ゆっくり風呂に入るなどして体を休め、細胞を活性化させる酢(クエン酸)を飲むと匂いが消えることがあります」(五味院長)


一部抜粋。以下のリンク先を御覧下さい。
日刊大衆
http://taishu.jp/sp/20670.php

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)