体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。

からだの「外側」と「内側」から気になるにおいを断つ!

気温と湿度が高くなり、汗をかく機会がふえるこの季節。汗をかくと気になるのが、からだのにおいでしょう。からだの「外側」と「内側」からの対策で、においをシャットアウトする方法を紹介します。


"メタボ"がニオイの原因になることも

「からだのにおいには、からだの"内側からのにおい"と"外側からのにおい"があります。その2つのにおいが発生する原因を知り、対策を講じることが大切です」と話すのは、わきが(腋臭症)・多汗症の専門医で、体臭にも詳しい五味クリニック院長の五味常明先生です。
 外側からのにおいとは、からだから分泌された汗や皮脂が原因となって発生するにおいです。基本的には、汗自体ににおいはないのですが、汗をかくことによって、細菌が繁殖し、においが発生します。これが、一般的にいわれる"汗くさい"という状態です。
「わきの下が強くにおうわきがも外側からのにおいのひとつです。アポクリン汗腺からの汗が原因となり細菌が増殖するもので、体質により、強いにおいを発生します」と五味先生は話します。
 一方、見逃しがちなのが、からだの内側からのにおいで、汗そのものがにおう場合。
 睡眠不足やお酒の飲みすぎなどの不健康な生活習慣、便秘や肝機能の低下などの体調不良、そしてメタボが原因となり、アンモニアなど、においの元となる物質が汗に移り、汗自体がにおうようになります。
「中高年の男性に特有な"加齢臭"も、皮脂腺の内部が酸化することによってにおいの原因となります。これも、からだの内側からのにおいといえるでしょう」(五味先生)


においの原因となる2種類の汗

アポクリン汗腺
 わきの下、耳の中、陰部付近など特定の部位にある汗腺で、皮脂腺とともに毛穴とつながっている。汗には尿素やアンモニア、皮脂腺から分泌される脂質、鉄分などが含まれており、においを発生しやすい。アポクリン汗腺は誰にでもあるが、においの強さには個人差がある。

エクリン汗腺
 全身に分布している汗腺で、アポクリン汗腺とは異なり、毛穴とはつながっていない。エクリン汗腺からの汗の99%は水分で、尿素、アンモニア、塩分などがわずかに含まれる。


からだの「内側」と「外側」2つのにおい

からだの外側からのにおい
汗に含まれる成分と皮膚表面の角質などが、皮膚の細菌などによって分解され、においが発生する。

足のにおい
足の裏にはエクリン腺が密集している。さらに靴で密閉されているため、足が汗をかきやすく、細菌が繁殖しやすいので、においが強くなる。

運動後の「汗くさい」におい
汗をたくさんかく夏の季節はとくに注意。汗をかきなれていない人の汗はにおいやすい。

わきが(腋臭症)
アポクリン汗腺から出る汗が分解され、においが強くなる。アポクリン汗腺の数が多い人、汗腺の大きさが大きい人はにおいが強くなりやすい。


からだの内側からのにおい
生活習慣や加齢、病気などによって汗そのものがにおう

メタボ臭
高血糖や脂質異常により、アンモニアやケトン体などのにおい物質が発生しやすい。内臓脂肪の脂肪酸は酸化しやすく、においの原因となる。

加齢臭
中高年になると皮脂などに含まれる脂肪酸が酸化し、ノネナールというにおい物質が発生する。とくに男性は皮脂腺の活動が活発なため、においが強い。

疲労臭
飲みすぎや睡眠不足などで、肝機能が低下すると、アンモニアが体内で発生し、血液を通じて汗ににおいがつく。

ほかに、便秘や、腎機能の低下などもからだの内側からのにおいの原因となる


からだの外側から、内側から…においをシャットアウト

夏の気になるにおいを解消するには、からだの外側と内側、両面からの対策が大切です。チェックの憑いた項目があったら、アドバイスを参考に対策を始めましょう。

対策1 外側からのにおい

チェック □仕事やスポーツでよく汗をかく
     □ふだんあまり汗をかかずたまにかくとにおう
汗をかいたままにしない
 汗をかいたままにしていると、細菌が繁殖してにおいが発生しやすくなります。とくに運動不足などで汗をかきなれていない人の汗はにおいやすいので、汗をかいたらからだを清潔なタオルで拭いたり、衣類を着替えるなどして、からだを清潔に保ちましょう。
+α 
汗かきトレーニングをしよう
 汗をかきなれていないと、汗腺に老廃物などがたまり、汗をかいたときに、においの元となります。運動や半身浴で汗をかく練習をするとにおいが発生しにくくなります。

チェック □一日中、靴を履きっぱなし  
     □裸足で靴を履いている
靴下をはき靴は清潔に保とう
 靴を長時間履いていると、靴の中は高温多湿となり、さらに足は角質が多いため、においが発生しやすくなります。汚れのたまりやすい指の間をていねいに洗ったり、爪を短く切るなど清潔に保ちましょう。
 裸足で靴を履くと、湿気が靴にたまりやすくにおいも強くなります。靴を履くときは靴下をはきましょう。
+α
1日中履いた靴は陰干しを
 靴を履いていると、靴自体も汗を吸って細菌が繁殖し、においを発生しやすくなります。靴は通気性のよいものを選び、1日履いたら、翌日は別の靴を履くなど、2〜3足を交互に履くとよいでしょう。


対策2 内側からのにおい

チェック □年齢とともににおいが強くなった  
     □最近太ってきた、健診結果が悪化した   
     □睡眠不足、お酒を飲みすぎることが多い
     □便秘に悩んでいる
生活習慣を見直そう
 からだの内側からのにおいは、体の不調や加齢などが重なると、発生しやすくなります。汗をかいたら体を拭くなどして、からだを清潔に保つのはもちろん、下記のように生活習慣を改善することも大切です。

運動習慣をつけよう
 運動によって肥満、高血圧、脂質異常などが改善し、メタボ臭、加齢臭を抑えることができる。また、運動は汗腺を活性化させる効果がある。

野菜中心の食生活に
 肉食中心の食生活は、汗の油脂成分が多くなり、メタボ臭や加齢臭が強くなる。野菜に含まれる食物繊維は便秘解消にも効果がある。

疲れを残さない 
 睡眠不足や過度の飲酒などは、生活習慣病の要因となるほか、肝機能の低下を招き、アンモニアなどの疲労臭の原因物質を発生させやすくなる。

+α
入浴でにおいの元を中和
 からだの内側からのにおいは、入浴でにおいの元を中和させることで、においを抑えることができます。
メタボ臭や疲労臭…アンモニアなどにより、アルカリ性になっているため、湯船に酸性のミョウバンを入れ、中和する。
加齢臭…酸化した脂肪酸によりからだが酸性になっているため、湯船にアルカリ性の重曹を入れ、中和する。

チェック □わきのにおいが気になる
     □わきがかもしれない
まずは清潔に。悩んでいる人は検査を
 基本は、からだを清潔に保つこと。とくにアポクリン汗腺のあるわきの下などは、デオドラント剤でまめにケアしましょう。デオドラント剤を使う前に、ウエットタイプのティッシュでわきの下の汗をぬぐうとより効果的です。
 においが本当に強いかどうかは、自分ではわかりにくいこともあります。家族などに聞いてにおいが強いといわれたときや、自分でどうしてもにおいが気になるときは、皮膚科に受診しましょう。

わきがの治療
 アルミニウム液を皮膚に塗る治療や、手術などがあります。手術は、わきの下をメスで切開し、はさみでアポクリン汗腺を取り除く方法が一般的で、健康保険が適用されます(自費治療の医療機関もある)。
 また、わきがは多汗症を合併することが多く、汗をかきにくくすることでにおいを抑える効果が期待できます。わきの多汗症の新しい治療として、わきの下に無毒化したボツリヌス毒素を注射するボトックス注射が、昨年11月から健康保険適用となりました。


すこやかファミリー2013年9月号 健康特集 より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

ニオイを作らない&広げない。鉄壁の体臭撃退グッズとは?

「体臭の一番の原因は、汗のニオイ。そのニオイの元は、ほとんどがアンモニアです。体臭を防ぐなら、まずは肝機能を上げて、肝臓でアンモニアを分解して無臭化することが大切です。また、肉類など食べ物がニオイの原因になることもありますが、腸内の善玉菌を増やせばそれも防げます」(五味クリニック・五味常明先生)

 このように、体内に潜むニオイの原因は、ドリンク類やサプリなどでケアすることが可能。さらに、体の外からもお手入れをすれば、ニオイ対策はカンペキ!
「最近の機能性下着は、吸湿速乾性や、消臭効果を備えたものがあり、優秀。こういったインナーを取り入れるのも有効です。腋や足などニオイが強くなりやすいところは、局所的にデオドラント剤をつけておくと安心。ただ、香りはあまり強くなく、むしろ無香性のものがいいでしょう」


anan 2013年10月31日号 より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

ダイエットで体臭がキツくなるって本当ですか?

Q「この前、彼から急に"なんかクサイよ"っていわれました。ダイエットで体臭がキツくなるって本当ですか?」(カズミさん・20才)

A YES! 過激なダイエットはやめましょう
単品ダイエットなどの急激な食事制限は、体臭を強くする原因。栄養素が不足すると、体内にある中性脂肪を燃やしてエネルギーを生み出します。中性脂肪は脂肪酸に分解され燃焼されるのですが、代謝が悪いと完全燃焼されずケトン体というニオイ物質に。ケトン体が汗や尿の中に含まれて排出されることで、ツーンとした体臭に。バランスのいい食事と、代謝アップの運動で健康的なダイエットを心がけてください。(五味常明先生)


レイ 2013年9月号 カラダのお悩みアラカルト より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

これで口臭・体臭ともサヨウナラ におわない体をつくる生活習慣

いやな口臭や体臭は体の不調のサインです。
ということは、健康な体をキープすることで、においが気になることもなくなるはず。
におい予防は生活習慣病予防にもつながります。

食事でにおいを予防する
体のにおいは、どのようにものを食べ、どのような体質をつくっているかで決まります。
におわない体づくりの第一歩は食生活の見直しから始めましょう。

口臭を防ぐ食習慣

アルカリ性食品で代謝を促進
はたらき 体内をアルカリ傾向にする食品は、代謝を促進してにおいの少ない健康状態を保ちます。
食品例 緑黄色野菜や海藻類。青汁や野菜ジュースなどの葉緑素飲料。

繊維質の食品で唾液の分泌を促す
はたらき 唾液に含まれる酵素は雑菌の繁殖を抑え、口臭を予防。繊維質のものをかむことで唾液の分泌を促します。
食品例 ごぼう、きのこ類、ひじきなど。

デザートには果物を
はたらき クエン酸は口臭の原因になるたんぱく質を分解するので、これらを含む果物などを食後に。
食品例 りんごやパイナップル、みかんなどの柑橘類。

規則正しい食生活
栄養バランスを考え、なるべく多くの種類の食材をとること。腹八分目にとどめる。
就寝の2時間前からは何も食べないなど。胃に負担をかけないようにすることも重要。

食後30分以内に歯磨きを 
高齢者は唾液が減少することもあり、食後30分もすると口の中の細菌が急激に繁殖して発酵臭が強くなります。
食後30分以内に歯磨きを。消臭作用のあるカテキンを含んだ濃いお茶でのうがいもおすすめです。


体のにおいを防ぐ食習慣

オリゴ糖で善玉菌を増やす
はたらき オリゴ糖にはビフィズス菌などの善玉菌を増やす作用が。
善玉菌が活性化すると悪玉菌が減少し、腸内環境を健康的に保てます。
食品例 ハチミツ、大豆、ごぼう、玉ねぎなど。

乳酸菌を補給する
はたらき 乳酸菌は腸内を健康に保ち、腸内でのにおい物質の発生を防ぎます。
食品例 ヨーグルト、浅漬け、ピクルス、みそ、しょうゆなど。

食物繊維で悪玉菌を掃除
はたらき 食物繊維には腸内の悪玉菌を掃除し、毒素や悪臭物質とともに便として排出する働きがあります
。便が腸内に長くとどまり、におい物質が体内に吸収されるのを防ぎます。
食品例 いんげん豆や大豆などの豆類。

抗酸化食品で加齢臭を予防
はたらき 抗酸化食品は加齢臭の原因ノネナールを作り出す活性酸素を抑制します。
食品例 緑黄色野菜、そば、海藻など。

オルニチンで疲労臭を予防
はたらき アンモニアを尿素に合成する肝臓のオルニチン回路の働きを高めることで、疲労臭を軽減します。
食品例 シジミ、ヒラメ、キハダマグロ、チーズなど。

クエン酸でオルニチン回路を活性化
はたらき エネルギー代謝をつかさどるクエン酸回路の働きを高めることで、オルニチン回路も活性化し、疲労臭を予防します。
食品例 お酢、梅干し。いちご、メロン、キウイフルーツなどの果物。


有酸素運動で日頃からよく汗をかく
汗がにおわないようにするには、日頃から適度に汗を流すことが大事。
汗によって皮脂腺や汗腺にたまった皮脂や汚れを排出することができます。
最近は夏でも冷房完備の環境下で汗をかく習慣が減ってしまっています。
ウォーキングやストレッチなどの有酸素運動で血流を良くして、日頃から汗をしっかりと流すとよいでしょう。

ウォーキング
ストレッチ 手足の血流が良くなるメニューを取り入れると効果的
×急激な運動はさほど汗が出ないのでNG

入浴にひと工夫でリラックスしながらにおいケア
入浴で、皮脂腺や汗腺にたまった皮脂や汚れなどを洗い流すことができます。
また、普段の入浴にひと工夫加えるだけで、におい予防効果がさらに高まります。
リラックスすることでストレスを軽減し、代謝が上がって血行が良くなり、有酸素運動と同じような効果も得られるので、夏でもきちんと湯船につかるようにしたいですね。



こんなものをプラスしても
漢方茶風呂 脂症の人におすすめ

脱臭効果のあるフラボノイドと脂肪分解酵素が含まれた雲南茶を入れる入浴法で、脂症の人におすすめ。
浴槽に茶渋がつきやすいので、入浴後は早めに浴槽を洗うようにしましょう。

酢入り風呂
酢に含まれるクエン酸が汗腺に吸収されると、においの原因となるアンモニアと乳酸の生成が抑えられ、汗のにおいを予防することができます。

笹風呂
熊笹の葉には殺菌・防腐作用のある葉緑素や多糖類が含まれているので、汗のにおいを軽減する効果があります。
更年期に起こる多汗予防にもおすすめ。

お風呂に入れないときは1日15分の手浴と足浴がおすすめ
熱めのお湯を洗面器に入れて、10〜15分ほど手浴と足浴を行うだけでも、汗をかくことができます。
毎日運動したり入浴したりすることが難しい人におすすめです。


においを気にし過ぎないことも大切
加齢臭や疲労臭は、男女を問わず、誰にでも生じる老化現象です。
どんなに予防や対策を行っても、完全に「無臭」になることはありません。
「長年生きてきた証」だと考え、過度に気にし過ぎないことも大切です。
ただし、においが強い場合は、病気の疑いもありますので、病院で診察を受けたほうがいいでしょう。




えがおで元気 2013年8月号より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

においが告げる病気のシグナル

 いつも清潔にしているのに、口臭や体臭が「おかしい」と感じるようなら、それは体の不調が原因かも知れません。
 病気になったり内蔵の機能が低下したりすると、口臭や汗のにおいだけでなく尿や便のにおいにまで影響が出ることがあるのです。
 口臭や体臭に異変を感じたら、一度お近くの内科などを受診しましょう。
 また、「加齢臭」は老化現象のひとつですが、実は、生活習慣病とも大きな関係があります。
 加齢臭は毛穴にある皮脂腺でノネナールという物質が作られることで発生しますが、不摂生で皮脂腺に脂肪分が増えたり、ストレスで体内に活性酸素が増えたりすると、その量も増加します。不摂生やストレスは生活習慣病の原因のひとつ。加齢臭が強まるということは、それだけ生活習慣病の危険が増しているという警告なのです。
 70歳を過ぎると「疲労臭」と呼ばれるにおいを気にする人が増えてきます。これは、加齢によって体内でアンモニアを尿素に変える働きが低下し、血液中にアンモニアが増えることが原因です。
 加齢臭も疲労臭も、規則正しい生活を送り、健康的な体をキープしていれば軽減します。次ページでは、「におわない体」をつくる方法を紹介します。

加齢臭が強い人は生活習慣病に注意
老化現象のひとつの加齢臭ですが、その発生メカニズムに目を向ければ、生活習慣病とも大きな関係があることが分かってきます。

加齢臭が発生するしくみ
年齢を重ねると、皮膚の潤いを保つための皮脂を分泌する皮脂腺の中に9−ヘキサデセン酸という脂肪酸と過酸化脂質という物質が増加。この2つが結びつき、分解・酸化されてできるノネナールという物質が加齢臭の正体です。

不摂生とストレスで加齢臭が増加
生活習慣病の原因となる不摂生とストレスは、加齢臭が強まる原因ともなります。
つまり、加齢臭が強い人ほど、生活習慣病のリスクも高くなるといえます。
加齢臭のしにくい体をつくることは、生活習慣病のリスクも減らすことにつながるのです。


不規則な生活習慣・運動不足・飲酒・喫煙→コレステロール→中性脂肪→皮脂腺の脂肪分が増加→ノネナールが増加 加齢臭が強まる

ストレス→活性酸素→過酸化脂質が増加→ノネナールが増加 加齢臭が強まる


70歳過ぎから気になり始める疲労臭とは
体内で食べ物が分解されると、アンモニアなどが発生。
通常これらは尿素に変換され、尿として排出されますが、腸内の悪玉菌が増加する70歳頃から、腸でアンモニアなどが吸収されるようになり、血液中にアンモニアが増加。
すると汗にアンモニア臭が混じるようになり、疲労臭となるのです。


腸内の悪玉菌が増える→アンモニアなどが腸で吸収される→血液中にアンモニアが増える→汗として排出



えがおで元気 2013年8月号より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

口臭・体臭が「いつもと違う」と感じたらこんな病気にご用心

においは健康のバロメーター
口臭・体臭を予防して健康な体を手に入れる

何かの拍子に自分の口臭や体臭に気がつくと、人前でのエチケットとしても気を遣うものです。
しかし、問題はそれだけではありません。口臭や体臭は体の不調を示すサインでもあるのです。



口臭・体臭が「いつもと違う」と感じたらこんな病気にご用心

口臭や体臭、尿や便、汗などの排泄物のにおいから体の不調が分かることも少なくありません。においのタイプ別に疑われる病気の例を紹介します。

口臭 かび臭いにおい
肝臓病の疑い
肝機能の低下や慢性肝炎などの場合、肝臓で分解されるはずのにおい物質が分解しきれず、かび臭い口臭が発生します。

体臭 頭皮の脂くさいにおい
脂漏性皮膚炎の疑い
脂漏性皮膚炎は真菌というカビの一種が原因の皮膚炎です。ひどくなると毛根に皮脂が詰まり、脱毛の原因になることも。

口臭 甘酸っぱい、りんごの腐ったようなにおい
糖尿病の疑い
甘酸っぱいような口臭がするときは、糖尿病の可能性が。体に大きな負担をかける間違ったダイエットをしている人も、同様のにおいがすることがあります。

口臭 腐った卵のようなにおい
胃腸の病気の疑い
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの胃腸の病気にかかっていると、腐った卵のような口臭がします。消化不良のため、食べ物が体内で異常発酵するためです。

口臭・体臭 アンモニア臭
腎機能低下の疑い
腎機能が低下したり、尿毒症になっていたりすると、アンモニア特有のツンとした口臭がしたり、汗にアンモニアのにおいが混じったりするようになります。

体臭 尿の甘酸っぱいにおい
糖尿病の疑い
尿から甘酸っぱいにおいがするときは糖尿病の疑いがあります。




えがおで元気 2013年8月号より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)