体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 体臭一般 > ストレス臭 体臭が知らせる健康状態 病気のサインとしての体臭

ストレス臭 体臭が知らせる健康状態 病気のサインとしての体臭

体から出るニオイが「大切な個性」とばかり言っていられないこともあります。ニオイが病気のサインとなることもあるからです。
体から出てくるニオイは、体の中の目撃者であり、すべての食物の代謝の最終産物です。体臭や口臭が「いつもと違う変なニオイ? 」と感じたら、まず体の不調を疑ってみましょう。病気の結果できたニオイ成分は、いくら清潔にしても、口臭や汗のニオイや尿臭、便臭として出て、消すことはできません。
どのようなニオイがどのような病気と関連しているかを知っておくことは意味があるでしょう。ここで、ニオイのタイプ別に疑われる病気をあげてみます。

●甘酸っぱい古いバナナのニオイ
 甘酸っぱいようなニオイがするときは、糖尿病の疑いがあります。
 糖尿病では、インスリンの働きが悪くなり、貯蔵脂肪から脂肪酸が多量に分解され、この脂肪酸が増えすぎると、ケトン体という甘いニオイ物質が合成されます。口臭・体臭からだけでなく、尿も甘いニオイがすることがあります。
 同じような、ケトン体のニオイは、急激な食事制限でダイエットをしたときも生じます。食事からの炭水化物が少なくなると貯蔵脂肪からエネルギーを得ようとして、やはり血中脂肪酸が増えて、ケトン体が合成されるからです。
 今はやりの、「炭水化物だけ制限するダイエット」は、この「ダイエット臭」が出やすいので注意が必要です。ダイエット臭が出るということは、その人のダイエット法が間違っている警告と考えましょう。

●汗のニオイがツーンとする
 汗にアンモニアが増えると、ツーンとした汗臭が強くなります。
 通常アンモニアは、肝臓で解毒・無臭化され、尿素の形で腎臓から排出されますが、肝臓や腎臓の機能が低下すると、アンモニア臭が強くなります。
 お酒の飲みすぎで肝臓が疲れていたり、メタボの人で脂肪肝のある人、また、疲労やストレスが蓄積している人は、後述するような「疲労臭」と言われるアンモニアのニオイが強くなります。

●腐った卵のようなニオイ
 胃腸の病気では腐った卵のような独特のニオイがします。
 消化不良のため、食べ物が異常発酵し、血液に乗って肺に送られ呼気や口臭となって感じられることがあります。

●腐った肉のようなニオイ
 蓄膿症のような鼻の病気、扁桃腺炎のような喉の病気、肺などの呼吸器系の病気で出ることがあります。
 肺ガンでは、ガン細胞が特有のタンパク質を分泌し、細胞が壊死をすると、肉の腐ったニオイがすることがあります。
 今、特定のガンのニオイを識別できるように訓練されたガン探知犬の活躍が期待されています。
 また、最近、質量分析装置で、尿臭から肺ガンを識別する方法も開発されています。いずれ、ニオイによるガン検診が一般化されるかもしれません。

●魚の腐ったニオイ
 魚臭症候群(トリメチルアミン尿症)という先天的な代謝病では、食べ物が腸内で発酵してできたトリメチルアミンを代謝する酵素の活性が低く、トリメチルアミンが体内で増加して、魚の腐ったニオイがすることがあります。
 後天的に肝臓の機能が低下することでも、トリメチルアミンが増加し魚臭がすることもあります。


季刊「ろうさい」 2013年春号VOL.17


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)