体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 体臭の原因 > 【汗とにおい撃退Q&A】気になる悩みに答えます。制汗剤の効果を長続きさせるコツも!

【汗とにおい撃退Q&A】気になる悩みに答えます。制汗剤の効果を長続きさせるコツも!

 暑さが本格化するこれからの季節、気になるのが汗とにおい。しっかりケアしているつもりでも、悩みはつきません。そこで、今回は暑い夏を快適に乗りきるための汗とにおいの撃退法をプロに教えてもらいました!


Q:どうして汗はにおうの?

A:汗ばむ季節になると、気になるのが汗のにおい。でも、じつは「汗は水分なのでほとんどにおいません。皮膚の上にある細菌が汗で繁殖し、においが生まれるんです」(五味クリニック院長・五味常明先生)。

汗がにおい始めるまでは通常1〜2時間のタイムラグが。「ただし、疲れやリンパのつまりなどが原因で汗腺の機能が落ちると、かきたての汗もにおいます。

汗臭さを強める重炭酸イオンや、分解後にアンモニアになる尿素などが多く分泌されてしまうためです」(同)。

クーラーの効いた部屋にいて、夏でも汗をかかないことが多い人は要注意。半身浴などでしっかり汗をかくよう、心がけて。




Q:疲れていると、においが強くなるって本当?

A:「本当です。疲れがたまると、肝臓の機能が弱まり、血液中のアンモニアが解毒されないまま、汗腺に放出されます。これが、においのきつい汗をかく“疲労臭”の原因に」(五味先生)。

アンモニア分解に役立つオルニチンを多く含むシジミや、疲労回復を助けるクエン酸を含む梅干しやレモン、リンゴ酢などを積極的に摂取してみて。

Q:いつも首から上だけ汗がとまりません。これがホットフラッシュ?

A:「汗腺は、下半身から働きが悪くなるため、代償的に上半身の汗が多くなります。
“ホットフラッシュ”は更年期障害の代表的な症状ですが、下半身の冷えやむくみが原因で汗腺機能が低下している可能性も」(五味先生)。

若い世代でも油断は禁物。軽い運動をしたり、半身浴でよく汗をかくなど、日頃から汗腺トレーニングを心がけましょう。




エッセオンラインより

https://esse-online.jp/13133

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)