体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 女性特有のニオイ > 人には聞けない更年期の「臭い」 予防と対策とは?

人には聞けない更年期の「臭い」 予防と対策とは?

更年期に入って「臭い」が気になりはじめたという人もいるのではないでしょうか。更年期になると汗のかき方に変化が起きたり、臭いの発し方にも変化が。そんな、人にはなかなか聞けない「臭い」についての予防と対策を、ワキガ・体臭・多汗など「汗」に関する第一人者である五味常明先生に教えていただきました。

更年期になると汗のかき方が変わる
「更年期になると女性ホルモンが減少し始め、自律神経が乱れることで更年期多汗症(ホットフラッシュ)や精神的に不安定になるという症状が出る人が多くいます。ホットフラッシュは、下半身は汗をかかないのに対し、上半身に集中して大量の汗が出ます。この一度に大量に出る汗というのが臭いの強い汗なのです」

「また、精神的に不安定になったり、ストレスが溜まりやすい状況になると、精神性発汗といって、ワキ汗が増えます。ワキはもともと汗腺が多く、汗をかきやすい場所です。この精神性発汗もどっと汗が出やすいため、臭いの強い汗が出てきます」

良い汗と悪い汗、その作られ方
「まず、臭いはどのように発生する仕組みなのかというと、汗というのは全身にあるエクリン腺とワキの下や耳の外耳道、へそ周り、陰部など体の一部にしかないアポクリン腺という汗腺から出ます」

「それらの汗腺が血管の中から血液を汲み取って汗の原料にしています。血液中にはさまざまなものがあり、アンモニアや乳酸といった臭いの元になるものも含まれています。けれどその臭いの元をそのまま放出するわけにはいかないので、一度血液中に戻す「再吸収」というろ過作業を行っているのです。この再吸収機能が高ければ、臭い成分がろ過されるわけですから、ほとんど臭いのない水に近いサラサラの汗(=良い汗)がかけるわけです」

「しかしこの再吸収機能が低下すると、ろ過ができなくなるので臭いの濃度の高いベタベタな汗(=悪い汗)をかくようになります」

「そして、どっと一気に汗をかくという状態はこの再吸収機能が追いつかないため、血液成分が一緒に出てしまうので、ベタベタの汗(=悪い汗)、つまり「臭う汗」をかきやすくなります」

においと女性ホルモンの関係
「女性ホルモンというのは、汗や皮脂腺を抑制する働きのあるホルモンです。発汗や皮脂分泌を調整しています。また、汗の酸化を抑える働きもあります。それに対して男性ホルモンというのはそれらを促進する作用があります」

「更年期は女性ホルモンが低下するので相対的に男性ホルモンが優位になりやすくなります。そのため、更年期になると汗をどっとかきやすい状況になります。そして、皮脂腺の分泌も盛んになりやすく、加齢臭の原因にもなるのです」

「加齢臭の原因であるノネナールという成分は、皮脂腺の中にパルミトレンサンという皮脂が溜まって酸化すると発生します。酸化を抑える女性ホルモンが減少することで、更年期あたりから女性でも加齢臭が出てくることも。更年期を過ぎると男女同じように出てきます」

更年期の臭いの特徴

「更年期多汗症(ホットフラッシュ)のにおいの特徴は、アンモニアが出やすいことです。疲労臭とも言います」

「そして、このアンモニアは加齢臭のにおいを強くする傾向があります。加齢臭と同時にホットフラッシュでアンモニアが出るとにおいが強くなりやすくなります」

臭う人と臭わない人の違い
「臭う人」と「臭わない人」はいるのでしょうか?

「臭う人と臭わない人の違いは、汗腺機能が高い人とそうでない人の違いです。汗腺機能が高い人は、再吸収機能も高いので血液中に成分を戻せます。よって臭い成分をろ過し、臭わない汗にすることができるのです」

予防と対策

「汗腺機能が低下していると濃度の高い汗をかきやすいため、この機能を高めることが大切。それは汗をかき慣れるということです」


「エアコンに依存しすぎないこと、しっとりと汗をかいたり、汗ばむくらいでも十分汗腺機能を高めることができるので、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめ」

また、暑くなったら1枚脱ぐだけでも多汗の予防になるので、体温調節しやすい重ね着をしたり、汗をかいたらゆっくり腹式呼吸してリラックスする。そして日ごろから半身浴などでゆっくりお風呂に入り、血行をよくすることも重要です。(『匂いのエイジングケア』参考)

更年期の臭いに効果的な栄養素

「更年期の臭いの特徴である、アンモニアができる原因は2つあります。1つは食べ物が分解されてアンモニアが腸の中にでき、それが吸収されて汗に混ざって出るパターン。2つ目は、アミノ酸からアンモニアになるパターンです」

「アミノ酸から分解されるものを「疲労臭」と呼んでいますが、まずは疲労を蓄積しないことが重要です。そして、肝機能を高めることが大切なことです」

「本来は肝臓にあるオルニチン回路というところで、アンモニアを尿素に変換して尿としてアンモニアを排出しているので、汗として排出されないため、体臭にはなりません」

「しかし今、40代の女性でも働いている人が多く、かなり疲労が蓄積されている人もいます。そしてお酒を飲む人も多いですね。疲労が蓄積しているところにお酒を飲んで肝機能が弱くなると、アンモニアを無臭化できなくなります。そのため、疲労を蓄積しないことと、お酒を控えめにして肝機能を高めることが重要となってきます」

「そして、腸の中でアンモニアを作らないこともポイントです。これは加齢臭に対しても言えることですが、肉類や脂っこいものを控え目にすることです」

「肉は腸の中で分解されるとアンモニアができやすくなり、吸収されると汗になります。そのため肉食を控えることが大切です」

「また、腸の中で善玉菌が優勢になると臭いができにくいですが、悪玉菌が優勢になると臭いが強くなります。ここで腸内環境を整える食材の摂取が重要となってくるわけですが、その食材というのが、「食物繊維」「オリゴ糖」「乳酸菌」になります。これは共通して和食に含まれているものなので、和食中心の食事にするとよいでしょう」

更年期の臭いに効果的なサプリメント
「サプリメントも効果があります。疲労臭(アンモニア臭)には、しじみなどに含まれるオルニチンも有効です」

制汗剤も有効

「制汗剤は汗の抑制効果やデオドラント効果だけでなく、使っている安心感という精神的な作用もあります。精神性発汗には特に効果があるといえます」

続きはリンク先を御覧下さい。
https://www.cosme.net/a-beauty/article/I0006594



体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)