体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 足臭

ブーツを脱いだら・・・この季節、気になるニオイについて

男女問わず、足が臭わない人はいません。足は、体のどこよりも角質が厚く、それが大量の垢に変化します。そして、その垢を足の皮膚に棲んでいる大量の細菌が分解し、あの「すえた臭い」の元になる「イソ吉草酸(きっそうさん)」などの脂肪酸をつくります。

また、足は体の中でも最も汗腺が密集している場所にも関わらず、現代人は靴下やストッキングで覆い、さらに靴やブーツを被せます。
そうすると、温度も湿度も上がって「ムレ状態」に。この高温多湿のムレで、細菌がますます繁殖してニオイをつくります。

靴やブーツの文化こそ、現代人の「くさい足」のルーツなのです。
足のニオイを処するポイントの1つは、「雑菌の対策」をすること。ニオイの元凶は雑菌ですが、すべての細菌を死滅させようせず、大暴れしない程度に鎮めれば十分!

お風呂で足を洗う前に、お酢や薄めた木酢液などの酸性液に足を10分浸したり、薬局で売っているクエン酸を水に溶かした液で軽くパッテイングするのもよいでしょう。


https://www.tbsradio.jp/216454

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

女性必読! ブーツの季節のニオイ対策は?

角質、細菌、汗腺…足には素材がいっぱい
 冬はブーツの季節です。忘年会や新年会では、お座敷にブーツを脱いで上がる機会も増えますね。でも、それをためらう女性も多いことでしょう。足のニオイのために……。

 男女を問わず、足が臭わない人はいません。少なくとも私は、お目に(鼻にも?)かかったことはありません。そもそも足は、どうしてあそこまで臭うのでしょうか?

 それは、ニオイの素材がとても豊富だからです。

 足は、体のどこよりも角質が厚く、それが大量の 垢あか に変化します。その垢を、足の皮膚に 棲す んでいる大量の細菌が分解し、あの「すえたニオイ」の元になる「イソ 吉きっ草そう酸さん 」などの脂肪酸をつくります。

 しかも、足は体の中でも最も汗腺が密集している場所です。そこを現代人は靴下やストッキングで 覆おお い、さらに靴やブーツをかぶせるわけですから、温度も湿度も上がって「ムレ状態」となります。この高温多湿の「ムレ」で、細菌がますます繁殖してニオイをつくります。靴やブーツの文化こそ、現代人の「くさい足」のルーツなのです。

足が臭い人は心がやさしい?
 ところが、こうした環境は誰でも同じなのに、ニオイの強さに違いがあるのはなぜでしょうか? 原因は汗の量にあります。とりわけ、足の裏にたくさんの汗をかく人がいるのです。

 日常のふとしたきっかけでスイッチが入り、汗が止まらなくなる。人の前に出ると、思わず汗をかいてしまう。汗をかくまいと思うほど、気持ちとは裏腹に汗をかく。足に大量の汗をかくのは、そんな「精神性の発汗」をする、つまり「心で汗をかいてしまう」人です。

 長年の診療経験からも、足の多汗やニオイで悩む人は、まじめで、万事に完璧を期す努力家が多いように思えます。目の前の相手を無視できずに、生身の人間として思いやる気持ちの裏返し。「足の臭い人は心がやさしい」。これはニオイの医療での金言と言えるのではないでしょうか?

ニオイフリーのブーツで颯爽と
 そこで、心のやさしいあなたに、足のニオイを処するポイントを三つお伝えします。

 まず、ニオイをつくる「雑菌の対策」です。ニオイをつくる元凶は雑菌ですが、すべての細菌を死滅させる必要はありません。大暴れしない程度に鎮めれば十分です。お風呂で足を洗う前に、お酢や薄めた 木もく酢さく液えき などの酸性液に足を10分ほど浸してください。水にクエン酸を溶かしたクエン酸ローションで足を軽くパッテイングしてもよいでしょう。

 次に、雑菌のエサとなる「角質の対策」です。角質ケアは、お風呂で昔ながらの軽石や 糸瓜へちま でやさしくこすり落とします。強くこすりすぎると、逆に刺激となって角質が厚くなりますので注意しましょう。

 最後は、雑菌の繁殖環境となる「汗のムレ」対策です。汗を抑えようと思うと余計に汗をかく人たちですから、反対に「もっと汗をかいてやろう」と努めること。これがコツです。

 夜眠れないとき、「いっそ朝まで起きてやれ」と開き直ったとたんに寝落ちした経験がおありでしょう。汗が出てきたら、「自分が真面目な証拠なんだ」「人のために汗をかいてあげているんだ」などと、前向きに自分を達観してみるのです。「だから、もっと汗をかこう」と。

 こうした「逆説療法」の応用は効果的です。ぜひお試しください。

 また、足のニオイは、皮膚だけでなく、靴下や靴と三位一体となって発生させたもの。靴下は、抗菌防臭や吸湿速乾性のある機能性靴下を使うのがお勧めです。

 靴は2、3日続けて履くと汗が吸い込まれて湿気を帯びてしまいます。足からのニオイも吸着し、細菌も繁殖を始めます。1日履いたら風通しの良いところで陰干しし、休ませてください。靴箱には、新聞紙を敷いておきます。

 特に、女性に定番のブーツは、通気性が悪くムレやすいので、陰干しのときに使い捨てのカイロやお菓子の乾燥剤を入れておくとよいでしょう。ブーツの先端に10円玉を入れると、銅イオンによる消臭効果がありますよ。

 今や冬の風物詩ともなった女性のブーツ姿。ニオイフリーのブーツで 颯爽さっそう と街を 闊歩かっぽ してくださいね。(五味常明 五味クリニック院長)



https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180102-OYTEW237035/

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

足が臭いのは靴下が臭くなっているという新常識!臭わない対策満足宣言

家に帰り、革靴や運動靴、冬場になればブーツなど、長時間履いた後、靴を脱いでみると思っていた以上に足が臭くて臭くて、ご自身の足の臭いに驚く人も多いのではないでしょうか。靴を脱いだ後、プーンと臭ってくるのは、実は、足が臭いというよりは、靴下が臭くなっているからなのです。

後ほど詳しく解説していきますが、足の裏は、汗をかきやすい場所なのですが、普段、靴と靴下を履いて生活していると靴の中が高温になり、さらに汗をかきやすくなります。

これにより靴の中が高温多湿になり、ますます菌が繁殖しやすい環境ができてしまっているのです。この環境こそが足の臭いを強くさせ、発生した臭い物質は靴下へと移り、臭いをどんどん蓄積していくのです。この蓄積したことで最も臭いのは靴下となるわけです。

では、臭くならないためにはどうすればよいのでしょうか。それは、足を清潔に保つことがもちろんですが、靴下が臭くなくなれば、足のニオイを気にすることがなくなります。

そこで、ここでは、臭わない靴下を選ぶポイントと、靴下が臭くならない商品をAmazonと楽天市場を中心に、おすすめできる商品を調査した結果、そして、靴下が臭くならない為の対策をご紹介します。

靴下を履くだけで、足の臭いを抑えることができれば、とても簡単で便利な対策になります。ぜひ参考にしてください。


Contents
1.足の臭いをさせない靴下を選ぶ4つのポイント

2.足の臭いを抑えるためにおすすめできる消臭靴下5選
2-1.究極のビジネスソックス 綿100%綿麻 選べる2タイプ 黒 5足組み/ apple
2-2.デオエスト消臭ビジネスソックス・ベーシックリブ[2足組]/デオエスト
2-3.SUPERSOX3x1リブ 5足セット/靴下の岡本
2-4.Deolレギュラーソックス/興和堂
2-5.GIIIIN消臭機能付き五本指ソックス/タビオ

3.靴下が足臭くなる理由

4.消臭靴下を使わなくても靴下が足臭くならない為にできる対策
4-1.ニオイを外に放出させない為に靴下を履き替える
4-2.社内ではサンダルに履き買えて通気を良くする
4-3.足に汗をかいたときは汗拭きシートでしっかり汗を拭き取る

5.足の臭いを抑えるために素足と靴への対策を忘れずに
5-1.素足を丁寧に洗うこと
5-2.1日履いた靴は2日休ませること

6.まとめ



1.足の臭いをさせない靴下を選ぶ4つのポイント

最も大切なことは、臭わない靴下であることです。万全な対策を行いしっかり足の臭いを抑制したい方には、4つの機能を兼ね備えている靴下を選ぶことが重要です。

消臭靴下に求められる4つの機能

複合臭が消える
消臭スピード
消臭容量
機能持続期間

この4つの機能を全て網羅している靴下で足の臭いを抑制できる靴下が、後でご紹介しますが、急速分解消臭デオルソックスとなります。

実際、消臭実験を行い検証した結果及び消臭靴下の選び方について、「足が臭わないと実感できる消臭靴下の選び方と消臭実験の検証結果」にて、詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

消臭靴下には、消臭機能が優れた靴下、消臭される時間が早くて長い靴下、消臭のほかに速乾性や放湿性に優れた靴下など、それぞれに優れた特徴や機能があります。

足の臭いが気になる方には、もちろん消臭効果が優れた靴下を着用されることをおすすめしますが、履き心地を優先されたり、速乾性や通気性などを求める方は、それぞれの機能や素材が優れた靴下を選ばれるとよいと思います。

少しでも臭くならない靴下であればよい方は、現在販売されている靴下のほとんどが、抗菌・消臭が表示されていますので、足臭の軽減は期待できるでしょう。ただし、消臭効果があっても「臭わない靴下」ではないことが前提です。

2.足の臭いを抑えるためにおすすめできる消臭靴下5選

【略】

3.靴下が足臭くなる理由

ここまで、消臭機能を持った靴下をご紹介してきました。ではなぜ、靴下に消臭機能を持たせることが重要なのでしょうか。通常、足は、靴下と靴で覆われて生活をしています。

素足であれば、足はあまり臭くなりませんが、足が密閉状態になることで、足の温度は高くなり、蒸れ、たくさん汗をかいた状態になります。この高温多湿の環境が続くことで、汗や汚れをエサとして菌が繁殖していき臭い物質を発してしまいます。

汗を吸い取るのも靴下、吸い取った汗をエサに菌が繁殖していくのも靴下、菌が繁殖した際に発する臭い物質が蓄積されていくのも靴下なのです。

臭いというのは小さな小さな物質なため、表面積の大きなものに吸着されやすい性質を持っています。靴下は、繊維で出来ているため、とても表面積が広く、多くの臭い物質を吸着することができます。

このため、足の臭いといえば靴下の臭いと言えるほど、靴下の臭いは足の臭いの大きな要因になるのです。

「足の臭いが作られる原因と3つの対策で靴を脱いでも安心!」で詳しく解説しています。ご興味のある方は読んでみてください。


4.消臭靴下を使わなくても靴下が足臭くならない為にできる対策

4-1.ニオイを外に放出させない為に靴下を履き替える

靴下やストッキングの替えを用意しておいて、汗をたくさんかいたときや、ニオイが気になるときいは、こまめに履き替えることで、靴下に臭いを蓄積させず、周りにも足臭さを気づかれることはありません。当たり前に思われますが、瞬時に臭わない足にしてしまう、今すぐできる簡単な対策になります。

4-2.社内ではサンダルに履き買えて通気を良くする

1日中、靴を履くことで、足の臭いをより発生させるとお話してきました。社内にいるときは、サンダルに履き替えて、靴や足を蒸れから開放してください。臭いの発生を抑えるとともに、靴下や靴に、臭いを蓄積を抑えることができます。

4-3.足に汗をかいたときは汗拭きシートでしっかり汗を拭き取る

汗は菌の繁殖のエサとなると繰り返しお話してきました。汗をかいたまま放置することで、より臭いを強くさせるも元になります。足に汗をかいたら、汗拭きシートでしっかり汗を拭き取ることで、臭いを抑制させることができます。

4-1.で紹介した靴下を履き替えるタイミングで、足にかいた汗を拭き取るとより臭いの発生を抑えることができます。


5.足の臭いを抑えるために素足と靴への対策を忘れずに

5-1.素足を丁寧に洗うこと

入浴時には、特に丁寧に足を洗うことが大切です。足の指と指の間は、汚れが溜まりやすく、洗い忘れの多い部分です。念入りに丁寧に洗ってください。また、足に角質が溜まっていることで、菌のエサとなります。定期的に角質を除去することを行なってください。

具体的な方法については「洗っても足が臭いのはなぜ?その原因「イソ吉草酸」の正体と解消法」で解説していますので、ぜひ参考にこの記事と合わせて読んでみてください。

5-2.1日履いた靴は2日休ませること

1日履いた靴は、汗でかなり湿っているので、しっかり乾燥させるために2日休ませることが大切です。臭いを抑えるためには、靴の湿気を取り除き、靴の内部を清潔に保つことです。風通しの良いところに立てかけて陰干しをしてくよく乾かしてください。

靴を何足も揃えることが難しい場合には、中敷を敷いて、一日ごとに交換するだけでも臭いを抑えることが期待できます。使用後の中敷は、次に使用するまでにしっかり乾かしてください。

6.まとめ

冒頭でもお話しましたが、足が臭いのは、靴下が臭くなっているということがお分かりいただけたでしょうか。そして、靴下を履くだけで、足の臭いを抑えることができれば、毎日続けられるとても簡単で便利な対策です。

足が臭いなと感じたら、素足を清潔保つことを大前提に、ここで紹介した靴下と靴の対策を合わせて行なうことで、足が臭いという悩みから劇的に解消されます。ぜひ取り入れていただき、毎日の習慣となるよう心がけましょう。


エチケぴゅあ  足が臭いのは靴下が臭くなっているという新常識!臭わない対策満足宣言
http://etiquepure.com/foot-smelling-socks-8117

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

足の臭いを抑える対策グッズはホントに効果あるの?種類別徹底調査!

足の臭いを抑えるための対策として様々なグッズが販売されていますが、本当に効果があるのか?どのグッズが一番よいのか?選ぶ基準がわからず迷われている方も少なくないと思います。

グッズの中でも数が多いため、石鹸については別記事で詳しく調査しています。「足の臭いを消す石鹸・オススメはズバリどれ?7つの石鹸口コミ調査」で解説していますので、ご興味のある方は読んでみてください。

そこで、今、世の中ではどのようなグッズが使われ、評判よいのか、Amazonや@コスメを対象に、パウダー、クリーム、スプレー、足洗いマットのそれぞれを種類別で調査をしました。検索した結果で、消費者の方に評判がよいものを中心に独自の視点でグッズを抽出しています。

ただ、当メディアでは、本当に足の臭いを抑えるためには、正しく足を洗うことがとても重要だと考えています。そのため、今回取り上げるグッズを上手に取り入れて、正しい洗い方と合わせて活用してください。

それでは、それぞれ評判の良いグッズについて確認していきましょう。


続きは次のページを御覧下さい。
http://etiquepure.com/feet-smell-countermeasure-goods-7614

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

【専門医が教える】足の臭いの原因は3タイプ!今日からできる臭いレス対策とは?

いよいよ夏本番! サンダルが多くなるこれからの季節は、足の臭いが気になりますよね...。 実は、足の臭いには原因別に3タイプあり、それぞれの対策が全く異なります。そこで今回は、日本で唯一の体臭専門医・五味クリニックの五味常明院長にお話を伺ってきました。

1. 汗と雑菌が混じり合う、細菌由来タイプ

一般的に多いのがこのタイプ。足に汗をかくと雑菌が繁殖し、皮膚の角質にあるタンパク質などを分解することで臭いが発生してしまいます。

ケア方法
制汗剤には殺菌剤が入っているので、まずは制汗剤を使用しましょう。また足に角質がたまっていると雑菌のエサになるので、軽石などで角質ケアすることも大切ですよ。さらに、靴対策も重要です。サンダルやパンプスは毎日同じものを履かないで、三足ぐらいをローテーションして履くように心がけて。1日履いた靴は陰干しして、消臭剤やシリカゲルなどの乾燥剤で湿度をとってお休みさせましょう。

2. 足の臭いもストレスから! 緊張性発汗タイプ

このタイプは予期不安や緊張が原因になります。「人と一緒にいると部分的に汗をかく」、「足が臭うかも...と思うことで不安になり発汗してしまう」など、止めようとすればするほど汗が出てしまう、発汗スパイラルに陥ってしまいがちです。

ケア方法
消臭スプレーなどをストッキングやサンダルを履く前に足に使用したり、木酢液酢など酸性のお酢で足を洗ったりするのがおすすめです。これらは消臭効果はもちろん、「予防してきたから大丈夫」という安心作用も働きます。それでも気になり始めたら...その思いを断ち切るためにも「私は人と会うと気遣いで、汗をかきやすいのよね」と自分の中で開き直ると、意外と出なくなることもありますよ!

3. 足がむくむと臭う、疲労臭タイプ

足を洗っても臭いが取れないという人は、実は足がむくんでいる場合が考えられます。足がむくむと、血行が悪くなり、足の汗の中からアンモニア臭が出てきます。アンモニア臭が細菌由来の臭いと混ざった時に、特に臭いが酷くなります。

ケア方法
まずは足の血行を良くして足に疲れを溜めないこと。お風呂の後に股関節のストレッチをすることも効果的です。また腸内環境が悪いと老廃物がたまりやすいので、野菜の多い食生活を心がけましょう。肝機能が悪いとアンモニアが浄化されないのでオルニチンを多く含んだシジミを摂取するのもおすすめですよ。

自分がどういう時に臭うのかを知った上で、正しいケアをしていきましょう!


http://top.tsite.jp/news/beauty/o/36238312/index

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

【専門医が教える】足の臭いの原因は3タイプ!今日からできる臭いレス対策とは?


いよいよ夏本番! サンダルが多くなるこれからの季節は、足の臭いが気になりますよね...。 実は、足の臭いには原因別に3タイプあり、それぞれの対策が全く異なります。そこで今回は、日本で唯一の体臭専門医・五味クリニックの五味常明院長にお話を伺ってきました。

1. 汗と雑菌が混じり合う、細菌由来タイプ

一般的に多いのがこのタイプ。足に汗をかくと雑菌が繁殖し、皮膚の角質にあるタンパク質などを分解することで臭いが発生してしまいます。

ケア方法
制汗剤には殺菌剤が入っているので、まずは制汗剤を使用しましょう。また足に角質がたまっていると雑菌のエサになるので、軽石などで角質ケアすることも大切ですよ。さらに、靴対策も重要です。サンダルやパンプスは毎日同じものを履かないで、三足ぐらいをローテーションして履くように心がけて。1日履いた靴は陰干しして、消臭剤やシリカゲルなどの乾燥剤で湿度をとってお休みさせましょう。


2. 足の臭いもストレスから! 緊張性発汗タイプ

このタイプは予期不安や緊張が原因になります。「人と一緒にいると部分的に汗をかく」、「足が臭うかも...と思うことで不安になり発汗してしまう」など、止めようとすればするほど汗が出てしまう、発汗スパイラルに陥ってしまいがちです。

ケア方法
消臭スプレーなどをストッキングやサンダルを履く前に足に使用したり、木酢液酢など酸性のお酢で足を洗ったりするのがおすすめです。これらは消臭効果はもちろん、「予防してきたから大丈夫」という安心作用も働きます。それでも気になり始めたら...その思いを断ち切るためにも「私は人と会うと気遣いで、汗をかきやすいのよね」と自分の中で開き直ると、意外と出なくなることもありますよ!

3. 足がむくむと臭う、疲労臭タイプ

足を洗っても臭いが取れないという人は、実は足がむくんでいる場合が考えられます。足がむくむと、血行が悪くなり、足の汗の中からアンモニア臭が出てきます。アンモニア臭が細菌由来の臭いと混ざった時に、特に臭いが酷くなります。

ケア方法
まずは足の血行を良くして足に疲れを溜めないこと。お風呂の後に股関節のストレッチをすることも効果的です。また腸内環境が悪いと老廃物がたまりやすいので、野菜の多い食生活を心がけましょう。肝機能が悪いとアンモニアが浄化されないのでオルニチンを多く含んだシジミを摂取するのもおすすめですよ。
自分がどういう時に臭うのかを知った上で、正しいケアをしていきましょう!

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

お座敷での「足クサッ」を防ぐには? 体臭治療の専門医がニオイの原因とお手軽対策を伝授!

「スメルハラスメント」という言葉が広く知られるようになったいま、ニオイケアは身だしなみの一部です。不快なニオイは、その人の好感度を下げるというデータも。そこで今回は、専門家のアドバイスとともに、足のニオイに最適なケア方法とオススメアイテムを紹介します。接待でお座敷に上がった瞬間、周りに眉をひそめられる、なんてことがないよう、しっかり対策しましょう!



【教えてくれた人】
体臭治療の専門医 五味常明先生

足だけでなく靴もニオイ対策を

五味クリニック院長。著書に「なぜ一流の男は匂いまでマネジメントするのか?」があります。

「足裏は大量に汗をかく場所。多湿になった靴の中は、菌にとって最高の住み家です。さらに、足は摩擦で角質が剥がれやすく、それが菌の餌になります。また、疲れがたまると血中のアンモニア濃度が高くなり、汗から分泌され臭います。これを『疲労臭』といい、老廃物が溜まりやすい足は臭いやすいのです」(五味先生)



足のニオイ対策その1
毎日同じ靴はNG! 靴の中の環境を快適にする

人間は足の裏だけで毎日コップ1杯の汗をかくと言われ、靴の中は高温多湿。湿気はニオイ菌を増殖させるので、ビジネスシューズをちゃんと乾かすのが大切です。できれば3足用意し、ローテーションしましょう。消臭効果のあるインナーソールの使用もオススメです。



足のニオイ対策その2
脚の付け根を叩くと疲労臭が軽減する!


太ももの付け根にあるリンパには、体の老廃物を排出する働きがあります。その周辺を軽く叩くとリンパの流れが促進されるので、疲労臭の原因である血中アンモニアの排出がスムーズに。隙間時間に試してみてください。


続きはリンク先を御覧下さい。
http://getnavi.jp/healthcare/147745/

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

夕方までに足裏ニオイ菌量が40倍!?皮膚科医が教える夏の足のニオイ撃退法

■足のニオイが強くなる原因は?

そもそも、夏になると足のニオイが気になりはじめるのはなぜなのだろうか。

「足の裏には汗腺が集中しており、1日にコップ約1杯分の汗をかくといわれています。そのまま放置すると、皮膚常在菌が分解し脂肪酸を作ります。また、足の厚い角質層から表皮細胞がはがれ落ちると、大量のアカになります。これを栄養分にして皮膚常在菌が繁殖し、皮脂腺からの分泌物と混じることでニオイが発生するのです。足はムレやすく、常在菌が活動するのに最適な環境であることも大きな原因でしょう。足は、ニオイの悪循環を生みやすい部分なのですね」(五味先生)

どうやら、足の裏に常在する細菌が最も大きな原因のようだ。

■足裏のニオイの原因菌量を、朝と夕方で比較したデータがある!

実は、ニオイの原因菌量についてはこんなデータがある。デオドラント製品で有名な株式会社シービックが、靴の種類別に朝と夕方で菌の量がどれぐらい変化するかを調べたのだ。

「男女のスニーカーと女性のパンプスについて調査しました。その結果、パンプスを履いた女性の夕方の菌量は朝の9.1倍、スニーカーを履いた女性の菌量は12.9倍になりました」(シービック)

靴を履いて一日活動すると、菌量はかなり増えるようだ。だが、スニーカーを履いた男性のデータに耳を疑った。

「男性のスニーカーの場合、夕方のニオイの原因菌量は朝の42.5倍になりました」(シービック)

42.5倍!? 個人差があることを考慮に入れなければいけないが、朝と夕方でここまで変化するとは……!! これではニオイが強くなるわけだ。

■足のニオイを抑えるにはどうすればいい?

では、足のニオイが気になる場合、どのように対策すればいいだろうか。

「いくつか方法があるので、こちらを参考にしてください」(五味先生)

・制汗剤を足の裏や指の間に塗り、汗を抑える
・素足で靴を履かず、ストッキングや靴下を着用
・1日に何回か靴を脱いでムレを防ぐ
・足や指の間をしっかりと洗ってからよく拭き、清潔に保つ
・角質はお風呂のたびに軽石や手などですり落とすなどして、こまめに取り除く

ちなみに、先ほどのシービックがパンプスを例に調査したところ、出かける前に同社の制汗剤を足裏に塗ることで、ニオイの原因菌を約0.2倍にまで減少させることができたという。朝の身支度の中で制汗剤を塗る習慣をつけるといいかもしれない。

「ただ、いつも清潔にしているのにニオイが気になってしまう人は、ストレスによる『精神性発汗』が原因の場合があります。ストレスの原因を突き止めて、精神的な負担を減らす必要があるかもしれません」(五味先生)

生きている限り、体のニオイは発生してしまうものだ。少しでも気持ちよく生活するために、できるだけの対策はしたい。足のニオイが気になる人は、今回紹介した方法を試してみてはいかがだろうか。



マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2016/07/29/112/

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

足のニオイが気になる…原因と対策を教えて!

Q.足のニオイが気になる……。


「足はストレスなどによる精神的発汗も多い。また、角質が厚いと菌の温床になるので、角質ケアを」(五味先生)


Q.足のニオイと靴のニオイは関係あるの?

「同じ靴を履いていると、菌が棲みつきやすい環境になるので、最低3足をローテーションしましょう。使い終わったカイロを捨てずに靴に入れておくと殺菌や消臭にもなります」(五味先生)




VoCE より
http://i-voce.jp/feed/3555/

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭

五味クリニック院長・五味常明先生に聞く「足のニオイ対策」

「足のニオイ」はどこから?
今朝は五味クリニック院長・五味常明先生に、「足のニオイ対策」について伺いました。長時間にわたって靴や靴下で足を覆うと、靴の中が蒸し風呂状態に…。モワっとしたニオイ、気になりますよね。実は、足裏には、背中や胸の5〜10倍もの汗腺があるため、1日に、コップ1杯ほどの多くの汗をかくのだそうです。さらに、体のどの部分よりも角質層が厚くなっている足裏は、新陳代謝や摩擦によって、皮膚の表面の角質がはがれやすい場所。これが大量の垢となり、皮膚上の細菌にとってこの上ない栄養分になってしまいます。また、足の裏から染み出た汗は、細菌によって分解され、脂肪酸を作り出し、それが皮脂腺からでる分泌物などと混ざり、独特の臭気を発生させる原因となるのだそうです。

「足のニオイ」は消せる!?
足のニオイを軽減するには、いくつか方法があるそうですが、今の時期の足のニオイの原因は蒸れた靴。毎日同じ靴を履かず、3足くらいを順に使うようにすると良いそうです。また、1日履いた靴は、風通しのよい所で陰干し。または、重曹やキレイに洗った10円玉などを入れておくと、消臭効果があるそうですよ。詳しくは、五味先生の本『なぜ一流の男は 匂いまでマネジメントするのか?』(かんき出版)をご覧ください。


TBSラジオ 2016.7.15 生島ヒロシのおはよう定食|一直線「サントリーウエルネス おはよう健康塾」より

汗とにおい対策の第一人者、五味クリニック院長・五味常明先生に聞く「足のニオイ対策」


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 足臭