体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 足臭

これでOK! 毎日の足臭対策

足のニオイ編

靴は毎日はきかえる!
 足うらは、1日にコップ約1杯分の汗をかくともいわれています。足にかいた汗も、そのままにしておくと、皮フにいる細菌に分解されてイヤなニオイに。さらに、足うらの場合は、厚い角質が細菌のエサとなり、ますますニオイが強くなってしまいます。そもそも靴や靴下で長時間おおわれてムレた足は、菌にとって理想的な環境。足がにおう最大の原因は、このムレなのです。
 ムレ防止の対策として、まずかんたんにできるのは、靴を毎日はきかえること。お気に入りの靴は毎日はきたくなるけれど、靴を乾かして雑菌やニオイをとりのぞくため、2日は休ませたほうがよいでしょう。雨にぬれたときなどは、丸めた新聞紙などを入れて、水分を吸収させましょう。また、家にいるときなどは、なるべく素足で過ごし、外出するときも、1日に何回か靴をぬいでムレを防ぎましょう。
○ 靴は3足ぐらいをかわりばんこにはこう!
× 同じ靴を毎日はくと、イヤなニオイが発生!

レッスンのあとはシューズを干そう!
 一生けんめい踊ったあとのシューズは、汗でびしょびしょ。家に帰ったらすぐに、バレエシューズやトウシューズを、風通しのよい日陰において、陰干ししましょう。シューズ用の乾燥剤などを買って靴に入れるのもよいでしょう。お手入れしないではきつづけると、菌がどんどんふえていき、足にもニオイが移ってしまいます。
○ 風通しのよい日陰においたり、乾燥剤を入れたりして、しっかり乾かそう!
× バッグに入れっぱなしにしておくと、菌がどんどんふえる!

靴のニオイケアも忘れずに
 ぬいだときにニオイが気になる場合は、靴用の消臭スプレーをかけてから乾燥させましょう。また、靴のなかに10円玉をひとつずつ入れておくと、銅の消臭効果でニオイをカットしてくれます。お菓子の乾燥剤や使用済みの使い捨てカイロは、除湿効果もあるので、靴に入れてぜひ再利用して。コーヒーを入れたあとのカスは、紙フィルターごと乾燥させて靴箱に入れておくと、靴のニオイを吸収してくれます。

レッスンのあとはタイツをぬごう!
 たくさん汗をかき、タイツにおおわれた足は、最高にムレた状態。レッスンのあとはすぐにぬいで、細菌の増殖を防ぎましょう。裸足になったら、足ゆびのあいだや足うらを、ぬれタオルやデオドラントシートでふくと、ニオイのもともとれてスッキリしますよ。清潔な靴下にはきかえて、気持ちよく帰りましょう。
○ ぬれたタイツはぬいで、清潔な靴下にはきかえよう!
× 汗にぬれたタイツをはいたままだと、足がムレて菌がどんどん活発に!

「足湯」でニオイをとる!
 足のニオイが気になる人には、「足湯」もオススメ。バケツなどに40℃くらいのお湯を入れ、醸造酢をコップ1杯加えて手足を10〜15分つけます。(醸造酢は高価なので、かわりに木酢液小さじ1杯でもOK)。酢にふくまれるクエン酸が汗腺にしみこんで作用し、汗のニオイを防ぎます。週に1、2回、おふろのついでに行ってみましょう。

おふろで足をしっかり洗おう!
 レッスンの日は、とくにしっかり足を洗いましょう。アカのたまりやすい足ゆびのあいだを、石けんでしっかり洗い、足うらもしっかりこすって。角質のケアも、軽石でこするなど、定期的に行うようにしましょう。また、つめを長くのばしていると、つめのあいだで菌が繁殖しやすくなります。きちんと短く切っておきましょう。
○ 足ゆびのあいだをしっかり洗ってニオイのもとをなくそう!
× シャワーでざ〜っと流しただけだと、ニオイのもとが体に残ったまま!

バレエで、さらさらの「いい汗」に!
 汗には、「いい汗」と「悪い汗」があります。いい汗は、汗腺の働きにより、水分とわずかな塩分だけにろ過されたさらさらの汗。いっぽう悪い汗は、汗腺の働きが悪くなり、体に必要なミネラル分もいっしょに出てしまったべたべたな汗。蒸発しにくく、皮フにとどまって細菌をふやすため、強いニオイを発するもとになるのです。
 さらさらのいい汗をかくためには、汗をたくさんかき、汗腺の働きを高める必要があります。それにうってつけなのが、バレエなどの有酸素運動。体をめいっぱい使って踊り、たくさん汗をかいて汗腺をきたえましょう!


クララ 2014年7月号

| 足臭

足 実は足のニオイは疲労臭(アンモニア)だった!

 実は頭臭で出てきたジアセチルは、皮脂腺のニオイである加齢臭やアンモニアのニオイを強くする作用もあるんです。
いわゆる-NH2などのアミノ基は、乳酸がたまると分解されてアンモニアが生成されます。
アンモニアは毒性やニオイが強いのですが、通常は肝臓のオルニチン回路というところで無臭化してくれているんですね。
しかし疲労の蓄積、肝臓機能が低下すると、汗に混じってアンモニアが出てきてしまいます。
汗腺が多い場所、それが頭と足。
しかも頭に比べて足は靴や靴下をはいているから、いつもこもっていますよね。
つまり足の臭さは疲労臭なんです。
疲労が蓄積していると身体の循環も悪くなり、老廃物がたまります。
その老廃物がたまりやすいのは一番下。
だから、下半身がむくんでいる人の足はニオいます。
そのニオイを取るには、肝臓のオルニチン回路を正常に回していくために、オルニチンをとればいいんです。
最近よく聞く方も多いでしょう。
代表的なものは、シジミですね。
クエン酸やオルニチンを摂取すれば、頭と足のニオイは一気に解決しますよ。



週刊女性 2004年6月3日号
ニオイの第一人者・五味常明先生を直撃!
消臭界に激震 知らなきゃ損するニオイの正体と撃退法 より


| 足臭

足のニオイ撃退3本の矢 木酢液足湯 ミョウバン 10円玉

足の臭いというと、消臭スプレーなどを使いたくなるものだ。だが、体のニオイのスペシャリストで五味クリニック院長の医学博士・五味常明氏はこう指摘する。

「ニオイの原因によって対策が分かれるんです」

普通の消臭剤では無理な種類の足のニオイもあるというのだ。

「足のニオイは足の表面に汗をかいて、それがムレてニオイになったものと、体内から出てくる疲労臭に大きく分かれます。皮膚の上にできるニオイは消臭剤も有効です疲労臭は、足がむくんだりするような人の場合が該当しますが、体の中から出るニオイで、アンモニアを含んでいます。そのニオイは消臭剤では消えません」(五味院長)

そこで、アンモニアを中和する必要があるという。

「酸性の物質、とりわけ木酢液とミョウバンは疲労臭への消臭効果があります」

木酢液は炭を焼くときに出る煙を冷やして得られる液体である。強い酸性で消臭・殺菌効果があり、雑菌の繁殖を抑える。一般に入浴剤としても用いられるので、簡単に入手できる。効果的なのが足湯だという。

「木酢液を入れた足湯を外出の前後にするのが効果的。木酢液足湯の殺菌力で、清潔な足を維持します」

足湯は40度異常のお湯をバケツ7分目ほど入れたものに木酢液をコップ1杯いれる。10〜15分ほどつけると足のニオイが抑えられるそうだ。

「もちろん、疲労臭だけでなく、皮膚上に汗をかいた時の足のニオイ対策にもきわめて有効です」

ミョウバンは硫酸カリウムアルミニウムのことで、漬け物や煮物の色を保つ保色剤に使われる他、染色剤、医薬品、化粧品など、様々な用途に用いられる。水に溶けやすく、殺菌作用を持っている。

「オススメはデオナチュレというブランドの抑汗消臭剤です。これはミョウバンの力でニオイを元から絶つデオドラントで、疲労臭に抜群の効果があるのです」

デオナチュレは用途によって数種類あり、足用に利用しやすい「足指さらさらクリーム」も発売されている。
なお見逃してはいけないのが靴だという。

「一般に足のニオイを防ぐには、制汗剤で汗を抑え、できるだけ靴を脱いでムレないようにし、湿気を防ぐことなのですが、靴自体が湿気を含んでニオイの原因になっていることも少なくありません」

一足はき続けずに、脱いだ靴を風通しのいい場所に置き、休ませて乾燥することも効果的だ。

「除湿剤で靴を乾燥させたり、中に10円玉を入れておくと銅の効果が働きます」

これからの季節の足のニオイは木酢液とミョウバンで撃退しよう。


東京スポーツ 2013年6月4日



| 足臭

足の洗い方

足のにおいの主な原因は繁殖した細菌。
足には汗腺が多く、靴などで長時間密閉されるので、細菌が繁殖しやすい温度と湿度が整っています。
足は角質層が厚いため、剥がれた角質を細菌が食べてさらに繁殖しやすくなります。
通気性のいい靴や靴下、汗を吸収するインナーソールなど、蒸れない工夫が足のにおいを防ぐコツです。
入浴の際は指の間をしっかり洗い、日頃から角質層のお手入れも忘れずに。
それでもにおいが気になるときは木酢液の足湯を試してみましょう。


木酢液のフットバスでにおい予防

バケツなどに40〜42℃くらいのお湯を7分目まで入れ、木酢液をコップ1杯加えて足を10〜15分浸ける。
外出の前に使うと効果的です。

 

Column
消臭に万能なみょうばん水を作ろう!

制汗作用のあるみょうばんは、古代ローマ人の時代から使われていたデオドラント剤です。
肌のトラブルもなく安心して使えるのも魅力です。
作り方も簡単なので、気軽に使ってみましょう。


◆材料
みょうばん…50g

水…1.5l

◆作り方
水にみょうばんを入れてよく混ぜます。
よく混ざらない時は1日ほど置いて透明になるまでおきます。
スプレー容器などに入れ、においが気になる部分に塗布して下さい。
冷蔵庫に入れて保存し、1〜2週間で使い切るようにします。


◆アレンジ
水を濃い目の緑茶に替えると消臭効果がアップします。
レモン果汁を加えると効果がより継続します。

 
「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より
| 足臭

「実は足が臭い」と気づいてるあなたへ"ブーツ"を颯爽と脱ぎましょう!

角質肥厚 長期ストレス …コレが原因!

冬はやっぱりブーツがカワイイ! が、しかし! 脱ぐときに「臭い」と思った経験ない? きっとほとんどの女子が一度くらいはあるはず。
なんでブーツは臭くなるの? なんで足は臭くなるの? 対策を知って、ブーツを楽しんではけるようになろう!


足とブーツはど〜して臭くなるの?

女子の冬の密かな悩み→「足も臭いしブーツも臭い」。極力ブーツを脱ぐシチュエーションは避けたいと思ってビクビクやり過ごすより、ニオイの原因をしっかり見極めて対処する方がハッピーに過ごせますよ! ニオイの権威、五味先生に原因と対処法を教えてもらいましょう!


高温・多湿・角質がニオイの3大原因!!

「足のニオイの原因は大きく3つ。まずは汗。汗腺が集中している足は1日でコップ一杯分の汗をかきます。汗が常在菌で分解されてニオイを発するのです。次に靴。靴や靴下に覆われて密閉状態になるとムレやすくなり、常在菌が活発的になります。後は角質。はがれ落ちた角質がアカになり、アカを栄養分にして常在菌が繁殖し、皮脂腺からの分泌物が混ざってニオイになります。このニオイの3つの条件、高温(汗)、多湿(靴の密閉状態)、エサ(角質)を排除するのが、ニオイ対策の基本です」。
むくみやすい人も足のニオイに注意!
「コレが一般的に言われる足のニオイの原因ですが、実はこれとは別に体の内側から出る老廃物が原因のものがあります。アンモニアのようなツンとしたニオイで、むくみやすい人が発するものです。この場合の解決法は、筋トレやマッサージなどでとにかく血行を良くすること。肝臓の働きを促進するオルニチンを多くとることも効果的です」。
マジメで優しい人ほど足が臭くなる!?
「あと、緊張したりするときにかく精神性発汗が多い人も臭う傾向があります。実はこの汗、マジメで優しい人ほどかくものなのです。対策として、とにかく気にしすぎないこと! 自分の足が臭いのでは…時にすることで汗をかき、さらにニオイを増長させる原因になってしまいます。角質除去やマッサージなど適切なニオイケアをして、あとは深く考えないようにすることも大切です」。
ブーツは足に負担大! その分ニオイも…
「今の時期はブーツをはく女性が多いと思いますが、ブーツは前で述べた高温・多湿の環境がそろっているだけでなく、足への負担が大きいことから精神性発汗も増えるため、ニオイの原因の宝庫。毎日きちんとニオイ対策をするように心がけてください。足の対策だけでもブーツの対策だけでもダメ。足とブーツの両方のニオイ対策をしないと、足からブーツ、ブーツから足に臭いが移ってしまうので意味がありません。朝・☆☆?☆☆


ブーツが臭くなる理由1

ストッキング+ブーツは夕方になると湿度が96%に!

朝 68%
昼 93%
夜 96%

密閉性の高いブーツ。温かくて冬は毎日のようにお世話になってしまうけど、その分他の靴に比べて汗でムレやすい環境に。1日はき続けるとなんと湿度96%! 熱帯雨林級の高湿度なのです。


ブーツが臭くなる理由2

ストッキング+ブーツはニオイ菌が23倍にも増殖!!

男性革靴   4倍
女性ブーツ 23倍

革靴+靴下の男性の足と、ブーツ+ストッキングの女性の足を朝と夕方で比較。夕方に足のニオイ菌がどれくらい増殖しているのか調べたら、男性は4倍なのに対し、女性はなんと23倍に!!
 
足が臭くなる理由1
足の爪の内側はニオイの巣窟!!
足の爪はアカや汗や菌がたまりやすく、イヤなニオイを発する元に! お風呂に入って爪周りもしっかり洗い、できれば短く切るように心がけましょう。また、爪水虫の増殖にも注意!


足が臭くなる理由2

指と指の間もアカがたまりやすい!
くぼんでいる指と指の間も、靴の中☆☆?☆☆められてアカ・汗・菌が増殖しやすいです。爪同様、お風呂でしっかり洗い、☆☆?☆☆などを使う場合も指の間を忘れずに!


足が臭くなる理由3

"気にしすぎ"がニオイを増長させている!!
マジメな人ほどニオイを気にしてストレスになり、精神性発汗を促してしまう傾向にあります。気にしすぎがニオイを生み出すという悪循環に陥ってしまっているのです。Take it easy!


足が臭くなる理由4

ニオイ菌のエサ、角質がたっぷり!!
ぶ厚い角質もニオイの原因に。角質がはがれ落ちるアカが栄養分になり、ニオイを発生させてしまうのです。見た目的にもニオイ的にもこまめに角質除去ケアを!


足が臭くなる理由5

サイズの合わない靴がニオイを生み出す!
実は靴のサイズにも関係が! きつい靴だとそれがストレスになって精神性発汗が増え、ゆるい靴でも足から抜けないように足の裏に汗をかいてしまい、どちらもニオイの原因に。



ニオイにも2パターンある!!

あなたの足のニオイはどっち?
1 靴下のすえたようなニオイ
一般的な足のニオイはこちら。靴や靴下に覆われた高温多湿な環境で雑菌が繁殖し発生するニオイ。ニオイの元になる角質などをため込まず、通気性を良くするのがコツ。
2 アンモニア(尿)のようなニオイ

足表面の雑菌などではなく体の内側からのニオイが原因。むくみやすい人に多く、血行を良くすることで解消されるので、マッサージや軽い運動を心がけるようにしましょう。


bea's up ビーズアップ 2012年2月号

 
| 足臭

「実は足が臭い」と気づいてるあなたへ

ブーツ"を颯爽と脱ぎましょう!

冬はやっぱりブーツがカワイイ! が、しかし! 脱ぐときに「臭い」と思った経験ない? きっとほとんどの女子が一度くらいはあるはず。
なんでブーツは臭くなるの? なんで足は臭くなるの? 対策を知って、ブーツを楽しんではけるようになろう!


足とブーツはど〜して臭くなるの?

女子の冬の密かな悩み→「足も臭いしブーツも臭い」。極力ブーツを脱ぐシチュエーションは避けたいと思ってビクビクやり過ごすより、ニオイの原因をしっかり見極めて対処する方がハッピーに過ごせますよ! ニオイの権威、五味先生に原因と対処法を教えてもらいましょう!


高温・多湿・角質がニオイの3大原因!!

「足のニオイの原因は大きく3つ。まずは汗。汗腺が集中している足は1日でコップ一杯分の汗をかきます。汗が常在菌で分解されてニオイを発するのです。次に靴。靴や靴下に覆われて密閉状態になるとムレやすくなり、常在菌が活発的になります。後は角質。はがれ落ちた角質がアカになり、アカを栄養分にして常在菌が繁殖し、皮脂腺からの分泌物が混ざってニオイになります。このニオイの3つの条件、高温(汗)、多湿(靴の密閉状態)、エサ(角質)を排除するのが、ニオイ対策の基本です」。
むくみやすい人も足のニオイに注意!
「コレが一般的に言われる足のニオイの原因ですが、実はこれとは別に体の内側から出る老廃物が原因のものがあります。アンモニアのようなツンとしたニオイで、むくみやすい人が発するものです。この場合の解決法は、筋トレやマッサージなどでとにかく血行を良くすること。肝臓の働きを促進するオルニチンを多くとることも効果的です」。
マジメで優しい人ほど足が臭くなる!?
「あと、緊張したりするときにかく精神性発汗が多い人も臭う傾向があります。実はこの汗、マジメで優しい人ほどかくものなのです。対策として、とにかく気にしすぎないこと! 自分の足が臭いのでは…時にすることで汗をかき、さらにニオイを増長させる原因になってしまいます。角質除去やマッサージなど適切なニオイケアをして、あとは深く考えないようにすることも大切です」。
ブーツは足に負担大! その分ニオイも…
「今の時期はブーツをはく女性が多いと思いますが、ブーツは前で述べた高温・多湿の環境がそろっているだけでなく、足への負担が大きいことから精神性発汗も増えるため、ニオイの原因の宝庫。毎日きちんとニオイ対策をするように心がけてください。足の対策だけでもブーツの対策だけでもダメ。足とブーツの両方のニオイ対策をしないと、足からブーツ、ブーツから足に臭いが移ってしまうので意味がありません。朝・☆☆?☆☆




ブーツが臭くなる理由1
ストッキング+ブーツは夕方になると湿度が96%に!

朝 68%
昼 93%
夜 96%

密閉性の高いブーツ。温かくて冬は毎日のようにお世話になってしまうけど、その分他の靴に比べて汗でムレやすい環境に。1日はき続けるとなんと湿度96%! 熱帯雨林級の高湿度なのです。



ブーツが臭くなる理由2

ストッキング+ブーツはニオイ菌が23倍にも増殖!!

男性革靴   4倍
女性ブーツ 23倍

革靴+靴下の男性の足と、ブーツ+ストッキングの女性の足を朝と夕方で比較。夕方に足のニオイ菌がどれくらい増殖しているのか調べたら、男性は4倍なのに対し、女性はなんと23倍に!!


 

足が臭くなる理由1
足の爪の内側はニオイの巣窟!!
足の爪はアカや汗や菌がたまりやすく、イヤなニオイを発する元に! お風呂に入って爪周りもしっかり洗い、できれば短く切るように心がけましょう。また、爪水虫の増殖にも注意!



足が臭くなる理由2

指と指の間もアカがたまりやすい!
くぼんでいる指と指の間も、靴の中☆☆?☆☆められてアカ・汗・菌が増殖しやすいです。爪同様、お風呂でしっかり洗い、☆☆?☆☆などを使う場合も指の間を忘れずに!



足が臭くなる理由3

"気にしすぎ"がニオイを増長させている!!
マジメな人ほどニオイを気にしてストレスになり、精神性発汗を促してしまう傾向にあります。気にしすぎがニオイを生み出すという悪循環に陥ってしまっているのです。Take it easy!



足が臭くなる理由4

ニオイ菌のエサ、角質がたっぷり!!
ぶ厚い角質もニオイの原因に。角質がはがれ落ちるアカが栄養分になり、ニオイを発生させてしまうのです。見た目的にもニオイ的にもこまめに角質除去ケアを!



足が臭くなる理由5

サイズの合わない靴がニオイを生み出す!
実は靴のサイズにも関係が! きつい靴だとそれがストレスになって精神性発汗が増え、ゆるい靴でも足から抜けないように足の裏に汗をかいてしまい、どちらもニオイの原因に。



ニオイにも2パターンある!!

あなたの足のニオイはどっち?

1 靴下のすえたようなニオイ
一般的な足のニオイはこちら。靴や靴下に覆われた高温多湿な環境で雑菌が繁殖し発生するニオイ。ニオイの元になる角質などをため込まず、通気性を良くするのがコツ。
2 アンモニア(尿)のようなニオイ
足表面の雑菌などではなく体の内側からのニオイが原因。むくみやすい人に多く、血行を良くすることで解消されるので、マッサージや軽い運動を心がけるようにしましょう。



bea's up 2 ビーズアップ 2012 FEBRUARY


| 足臭

靴を脱ぐとき気になる 足のにおい

ニオう【原因】

・精神性の発汗
・厚い角質層
・足のムレ

足は汗腺が密集していて、靴に密閉されているためムレやすい部分。また、角質層が厚くアカも出やすいので、菌が繁殖しやすい環境です。汗の量も原因で、緊張すると足の裏にたくさん汗をかく人も多いですね。
 

解決法
竹酢液で予防
竹酢液は、竹からとれる強い酸性のエキス。炎症をおさえたり殺菌、かゆみ止めに使われてきました。お湯を入れたおけに2〜3ml入れて足をひたして洗ってください。木酢液でもOK。


靴は3足以上でローテーション

同じ靴を続けてはくと、汗を吸い込んでにおい物質が吸着します。1日はいたら、2〜3日風通しのいいところで陰干しして休ませましょう。


使い終わったカイロで除湿

靴の湿気を取り除くことも有効な対策になります。使用後のカイロは除湿効果があるので、脱いだ後の靴に入れておいて。
 
 
ミーナ 2011年6月号 より

| 足臭

足のにおいはどうやったら抑えられるか

 
精神性発汗とは、俗に言う「冷や汗」や「手に汗握る」といった状態です。人にyほっては、ダラダラとかくくらい多い。仕事でストレスを感じたり、周囲の人を意識しすぎたときなど、この精神性発汗が激しくなります。だから、他人に気を使うような人ほど、汗をかくことになります。


汗をかかないように考えるのはマイナスです。逆に、汗がどんどん出てきてしまう。汗は抑えるべからず。むしろ、もっと汗をかこうと開き直ったほうがいい。


真面目で、周りに気を配りすぎるような人は、自分が臭いのではないかと、必要以上に気にしすぎがちです。ひどい人になると、体臭恐怖や自己臭恐怖に陥ることがあります。


人間関係が希薄な社会ほど、他人のにおいを気にする傾向が出てきます。


靴はまず、きつすぎても、ゆるすぎてもダメです。
それでは、靴のポンプ作用(靴の中の空気が換気される)が働きません。


理想を言えば、足にピッタリの靴を3足用意して、ローテーションで履くことです。
消臭スプレーや消臭インソールは積極的に使った方がいい。消臭剤や除菌剤は、その効能とともに、「自信回復剤」としての役割も果たしますから。

 


プレジデントファミリー 2011年11月号 より


 


| 足臭

足のニオイを防ぐ・解消する Q&A

足のニオイを防ぐには、さまざまな方法があります。自分でできる簡単なものをご紹介しましょう。



Q デオドラント剤の選び方は? 正しい使い方も知りたい。

A 市販のデオドラント剤(制汗・消臭剤)には、汗を抑える制汗剤系のものと、抗菌や殺菌作用のある成分が含まれているものに大きく分けることができます。
  一般に、制汗剤には塩化アルミニウムなどが含まれており、汗を抑えます。汗っかきの人にはおすすめです。
  汗くさいというより、すえたような悪臭がする場合は雑菌が大量に繁殖していることが考えられるので、抗菌・殺菌効果の高いものがよいでしょう。
  ただし、これらの市販のデオドラント剤を過剰に使うと、汗腺や皮脂腺に成分が詰まって、かえってニオイが強くなることがあります。入浴時には足をていねいに洗って 、デオドラント剤を落としきることが大切です。
  特に、抗菌・殺菌作用があるものを使いすぎると、皮膚に必要な常在菌まで殺菌して、余計にニオイがひどくなることがあります。使用方法や回数を守って使いましょう 。
  スプレータイプか直塗りタイプかを選ぶ基準は、ニオイの強さによります。比較的ニオイが弱いならスプレータイプを、ニオイがかなり強い人は直塗りタイプが適してい ます。
  なお、雑菌には抗菌剤が効くと思って、市販の抗菌剤入りのクリームや軟膏を使うと、かび(真菌)が発生するおそれがあります。必ず皮膚科医や体臭の専門外来を設けて いる医療機関を受診し、医師の指示を守って使いましょう。



Q 食事でニオイを軽減することはできる?

A 食べ物と足のニオイには、直接因果関係はありません。したがって、食事の内容によって足のニオイを解消することはできません。
  ただ、大量に汗をかくと足の裏にも汗をかくので、とうがらしを大量に使った激辛料理などは避けた方がよいでしょう。
  また、動物性たんぱく質を食べすぎると体臭が強くなりやすいので、、肉類中心の偏った食生活は改善しましょう。



Q 足のニオイにはミョウバンが効くって本当?

A ミョウバンは、古くはローマ人も制汗剤として用いていたといわれています。安全性が高く、ニオイを抑える効果もあります。ミョウバンで自家製デオドラント剤を作る こともできます。材料と作り方は下記の通りです。


材料 焼きミョウバン 50g(生ミョウバンは75g)
   水(水道水でよい) 1.5l
   1.5l容量の空きペットボトル
   レモンの絞り汁1コ分


作り方 ペットボトルにミョウバンを入れ、水を注ぎ、レモンの絞り汁も加えてよく振り、ミョウバンを溶かせばでき上がり。溶け残っているときは、1〜2日おくと自然に   溶けます。
    霧吹きやスプレーの容器に移し替えて、足の裏に直接ふきつけて使います。ガーゼに浸して、足の裏をふく方法もあります。 
    保存は冷蔵庫に入れておけば、1ヶ月ほどはもちますが、できれば1〜2週間程度で新しく作り直したほうがよいでしょう。



Q 汗っかきで、すぐに汗だくになります。足の裏の汗もひどいので、汗をかかない方法はないのでしょうか?

A 足のニオイを気にするあまり、「またにおったらどうしよう」とか「汗をかきたくない」と思うほど、汗をかくものです。特に、足の裏の汗は「精神性発汗」が多いので 、こうした緊張や不安が大きく影響します。
  このようなタイプの人は、思い切って開き直ることも必要です。心理学では「開き直り療法」といわれている方法です。たとえば、「もっと汗をかいてやろう」という ぐらいに気持ちを切り替えてみるのです。なかには、これでうまくいく人もいます。汗っかきの自分を受け入れるのです。ぜひ、一度試してみましょう。



 

「NHKあさイチ・女性の大敵!足のトラブル解消術」 より


 


| 足臭

気になる靴のニオイ対策は?

足のニオイを防ぐには、足のケアだけでは不十分です。靴のニオイ対策を怠ると、足を清潔に保ってもニオイを解消できません。靴のケアも忘れずにしましょう。


一日履いた靴は汗で湿り、雑菌も増えている

 一日中履いた靴は汗で湿り、内部には雑菌が繁殖しています。そのため、足をどんなに清潔にしていても、靴のケアをしないで、そのまま履くと靴の中で繁殖した雑菌が足に付いてしまいます。その状態で汗をかくと、雑菌がさらに繁殖してニオイを発することになります。
 つまり、足のケアだけでなく、靴の手入れも同時に行わないと、ニオイを解消することはできないのです。
 一日中履いた靴は、汗でかなり湿っているので、次に履くまでに靴をよく乾かし、雑菌を除去しておけば、ニオイを防ぐことができます。市販の抗菌・消臭スプレー剤は、かなりの効果が期待できます。これらを利用して、ニオイのもとである雑菌をできるだけ取り除くようにしましょう。


靴は一日履いたら、2〜3日乾かす

 お気に入りや履きやすいという理由で、毎日同じ靴を履きつづける人がいますが、それではニオイがひどくなる一方です。特に、汗をたくさんかく夏場や雨の多い梅雨時は靴がしけやすいので、毎日同じ靴を履くのは避けるべきです。
 ニオイを防ぐには、靴の湿気を除き、内部を清潔に保つこと。一日履いたら、2〜3日乾かすのが基本です。
 風通しのよい場所に立てかけて、靴の内部と靴底をよく乾かしましょう。雨にぬれたときは、丸めた新聞紙などを詰めて、水分を吸収させると早く乾きます。
 靴を何足もそろえるのが難しいときは、中敷だけでもこまめに交換するようにしましょう。市販の中敷には抗菌・防臭加工がしてあるものもあります。これを2組ほど用意して、一日使ったら取り替え、乾かしておきます。中敷を毎日替えるだけでもニオイを抑える効果が期待できます。



ニオイを防ぐ靴の手入れ法

1 靴の中に消臭スプレーを適量ふきつける。汗汚れがあるときは、水で堅く絞ったタオルなどで靴の中をふき取ってから、消臭スプレーをかける。
2 靴を風通しのよい場所に立てかけ乾かす。内部が乾かしにくいロングブーツは、専用の乾燥機もあるので利用するとよい。
  乾いたら靴の中に防臭剤や乾燥剤を入れておくと、ニオイをより防ぐことができる。
 
こんな方法もある!


中敷を抗菌・防臭効果のあるものに 抗菌・防臭効果のある中敷が市販されているので、これらを利用するのもよい。何組か用意して、中敷もこまめに取り替えながら使うとより効果的。

靴下も防臭タイプを 靴下やストッキングを防臭効果のあるものに変える。


汗をかきやすい人は 靴下やストッキングの替えを用意しておき、汗をたくさんかいたときやニオイが気になるときは、こまめに履き替える。


 

同じ靴を履きつづけないことです。
 


「NHKあさイチ・女性の大敵!足のトラブル解消術」 より


| 足臭