体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 便臭

排泄

動物性脂肪の摂り過ぎなどの偏った食生活はもちろんのこと、加齢によっても腸内環境は悪化します。
いわゆる悪玉の腸内細菌が増えると、腸内ではより多くのにおい物質が作られます。
この一部は便と一緒に排出されますが、残りは肝臓に回されて無臭化されます。
ところが肝機能が弱っていると、無臭化できなかったにおい物質が体内に回って体臭となって現れます。
腸内環境をクリーンに整えることは体臭予防の基本といえます。


ココアが便臭を予防する?

便臭を軽減するほか、下痢や硬便などを正常な便に近くするココアの効能に注目が集まっています。
ココアは食物繊維の「リグニン」を始め、ビタミン、ミネラルが豊富で様々な面で腸内環境を整えるプラスの働きをしてくれます。


腸内環境を整える3ステップ

Step1 有害物質を排出する食物繊維を摂る
食物繊維は善玉腸内細菌のえさとなる他に、悪玉の腸内細菌が出した毒素やにおい物質を吸着して出します。

※食物繊維が豊富な食品は前述

Step2 発酵力で腸内細菌バランスを改善
発酵食品を摂ると生きた細菌が腸内にも届いて、腸内の細菌バランスを改善します。

(発酵食品の代表例)
◆ヨーグルト ◆納豆 ◆みそ ◆ぬか漬け ◆塩麹

Step3 オリゴ糖でビフィズス菌を活性化
オリゴ糖は腸内のビフィズス菌のえさとなって善玉細菌を増やし、悪玉腸内細菌を減らします。

(オリゴ糖を含む食品)
◆たまねぎ ◆大豆 ◆アスパラ ◆ゴボウ ◆はちみつ


「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭

便・おなら―ニオイ部位別の消臭テク

ニオイは体調の鏡
便やおならは誰でもでますが、ニオイが強いのは問題。腸に悪玉菌が増えると、臭くなるためです。実は40代を過ぎると、悪玉菌が増えやすいので要注意。対策は腸内環境をよくするヨーグルトや、食物繊維を摂ること。また消化不良だと食べ物が腐敗するので、よく噛むのも予防に。急に臭くなって続く場合は、病気の可能性も。内科を受診して。
 
からだにいいこと2012年8月号

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭

悪玉菌を減らすには食物繊維を

悪玉菌をきれいに掃除して体外に排出してくれるのは、食物繊維です。悪玉菌が出た毒素や有害物質、悪臭物質などもまとめて吸着し、便となって排泄してくれるので、体臭予防につながります。


腸では、食べたものの水分を吸収し残りを便として排泄しますが、便にはたくさんの腸内細菌が含まれています。このうちウェルシュ菌などの悪玉菌がタンパク質を分解してアンモニアなどのニオイ物質にするわけです。これが腸から血管を通り体臭として発生する仕組みは、腸管循環のところで説明したとおりです。このようなニオイの悪循環を断ちきるためにも、腸内の善玉菌を増やすことが大切です。


食物繊維をたくさんとり、善玉菌の住み良い腸内環境を整えることで体臭も改善されるでしょう。

食物繊維を多く含む食品(100g中)

食品名食物繊維(g)
オートミール9.4
さつまいも2.3
里芋2.3
おから9.7
小豆(乾)17.8
大豆(乾) 17.1
枝豆5.0
ごぼう5.7
たけのこ(ゆで)3.3
ブロッコリー4.4
オクラ5.0
ほうれん草2.8
切り干し大根20.7
干し柿14.0
キウイフルーツ2.5
りんご1.5
干ししいたけ41.0
干しひじき43.3
「五訂食品成分表」より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭

便のニオイは腐敗物から身を守るための危険信号

「お父さんの入った後って、もう、臭いんだから!」

こんな声をよく耳にするようですが、お父さんに限らず、便はニオイがして当たり前です。だいたい、便の元である食物には、いろいろなニオイ物質が含まれているのですから。

ただ、食べもののニオイ物質がそのまま便にあるのではなく、中ではタンパク質が分解され、アンモニアなどのニオイ物質が発生しています。これが、便の悪臭(腐敗臭)を主に構成しているものになります。しかし逆にいえば、この臭いニオイがあるからこそ、私たち生き物はそこに「腐敗=有害なもの」というサインを読み取り、身の安全を図ることができるのです。排泄物が即、腐敗物ということではありません。便の悪臭が強くなると、腐敗物になってきたという危険信号ですが、それには次のような原因があります。便が臭くなる、つまり腐敗が進行する3つの主な原因をあげてみましょう。

●咀嚼不足

咀嚼不足、つまり食べ物をよくかまずに飲み込んでしまうこと、これが臭い便への第一歩です。食べ物はきちんと消化されてこそ吸収がうまくいくのです。未消化の食物が体内に入ると、腐敗の材料にしかなりません。
しっかり消化させるには、よくかむこと。唾液に含まれるアミラーゼやリパーゼなどの酵素は、消化を促進するだけでなく、口内の雑菌を殺し口腔ケアに役立ちます。


●ストレス
便が臭くなる第2の原因は、ストレスです。胃への送られた食べ物は、強力な酵素ペプシンによって消化されますが、ストレスを感じると、このペプシンがうまく分泌されないようになります。食べ物が胃に入ったのに充分分泌されないかと思えば、空腹時にどんどん分泌されるなどして、胃の調子が悪くなってしまいます。

●腸の汚れ
第3の原因は、腸の汚れです。健康な大腸にも細菌は住み着いていますが、人体に欠かせない善玉菌(ビフィズス菌など)が、人体に有害な悪玉菌(ウェルシュ菌や大腸菌など)の繁殖を抑え、腸内細菌のバランスを整えてくれます。
しかし、善玉菌が減少すると悪玉菌が増殖し未消化の内容物を分解して有害物質を作りだし、それが便の悪臭となります。腸の汚れは便を臭くするだけでなく、血圧を変動させたり、白血球の働きを妨げるなど大きな影響を与えます。
とくに、40歳代を過ぎたころから、腸の汚れは一段と進みやすくなります。便のニオイは健康のバロメーターでもあるので、「最近、臭くなったな」と思ったら、生活環境や食事のしかたを振り返ってみましょう。


【後略】

  
原因物質
発生源


汗臭い
ニオイ
イソ吉相酸などの低級脂肪酸
やアルデヒド類
エクリン腺
ワキガ臭3メチル2ヘキセノイン酸など
の脂肪酸
アポクリン腺
加齢臭ノネナールなどの脂肪酸皮脂腺
フェロモン臭アンドロステロールなどの揮発
性ステロイド
皮膚、アポクリン腺
甘いニオイアセトン(ケトン体)糖尿病の口臭、汗、尿





し尿臭アンモニア尿、便、汗
腐った卵臭硫化水素などの揮発性硫化物口臭、便
腐った
タマネギ臭
メチルメルカプタンなどの揮発
性硫化物
口臭、便
腐った魚臭アミン類、インドール、スカトー
ルなど
口臭、便
刺激臭アセトアルデヒド(アルコール代
謝物)
口臭、便

アンモニア臭酢酸、プロピオン酸、酪酸、乳酸
などの有機酸が血中に増加す
ると汗腺でアンモニアが生成
口臭、汗


五味常明著『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)より


気になる口臭・体臭・加齢臭

タグ:体臭 便臭

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭

ウソ! ホント! 便のニオイと体の臭いは無関係

ウソ! ホント! 便のニオイと体の臭いは無関係
善玉菌を増やす食生活で口臭や体臭も改善して


便のニオイの原因は、腸内環境の悪化です。悪玉菌がつくり出したニオイ成分は、腸から吸収されて、便やおならだけでなく、口臭や汗、皮脂のニオイにも悪影響を与えてしまうのです。これを防ぐには腸内に悪玉菌に対抗する善玉菌を増やすことが重要。ビフィズス菌やオリゴ糖、食物繊維を含む食品を積極的に食べるようにすれば、腸内環境がよくなり、口臭や体臭も改善されます。


結論 ウソ! 腸内環境が悪化すると便だけでなく汗や息も臭くなる


「からだのこと 2010夏」より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭

ストレスがあると便はくさくなる

「お父さんの入ったあとって、もう、くさいんだから」―こんな声をよく耳にするようですが、お父さんにかぎらず、便はにおいがして当たり前です。だいたい、便のもとである食物には、いろいろなにおい物質が含まれているのですから。
食事の仕方によっても、便のにおいは大きく変化します。よく噛まずに飲み込むと便がくさくなります。消化はまず唾液から始まります。唾液の酵素は、消化だけでなく口の中の雑菌を殺してくれます。唾液をたくさんだすには、おいしいと感じることです。その意味でも、食事をゆっくり楽しむというのは、本当に意味のあることなのです。
また、ストレスがあると便はくさくなります。ストレスが胃腸を直撃するのです。胃液中のペプシンという酵素は、ストレスにとても弱く、正常にはたらけなくなります。食べ物が胃にあるのにペプシンがでなくなったり、逆に空腹なのにやたら分泌されたりして、口臭がひどくなります。
せかせかしたり、怒ったり、暗いことを考えながらの食事は、便がにおうだけでなく、さまざまな病気につながってもくるのです。

暮らしと健康2005年7月号より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭

便のニオイを決めるもの

便は必ず臭います。無臭便などありません。便の元の食べ物は、様々なニオイ物質を元々含んでいます。便に特有なニオイのメチルメルカプタンは、タマネギや豆など多くの物質に含まれていて、実は香料の原料でもあるのです。

だから、便臭は本来「香り」なのです。実際赤ちゃんの便は、心地よい香りに思えることすらあります。では、なぜ便は不快な悪臭を放つのでしょうか?

まず、よく噛まないこと。消化されない食べ物は、吸収されず腐敗の材料でしかありません。よく噛んで食事を楽しみ、唾液を出しましょう。唾液の酵素は、消化だけでなく口の中の雑菌を殺して、口臭も抑えてくれます。目覚めてすぐ食欲がないときは「梅醤番茶」がおすすめです。

次にストレスです。ストレスは消化酵素の分泌と腸の運動を阻害し、食べ物の腐敗が進みます。

さらに、腸が悪玉菌で汚れている場合です。ビフィズス菌などの善玉菌は、主に炭水化物を分解し、ニオイ成分になりません。一方、ウエルシュ菌などは、主にタンパク質を分解して、アンモニア、硫化水素、スカトールなどの悪臭の面々を作ります。

ですから、便臭対策は、暴飲暴食をやめ、ゆったりとした生活をして、腸内細菌を整える食品の3本柱である、食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌を十分摂取することです。便は腸内環境の目撃者であり、便のニオイは腸の健康度を示すバロメーターなのです。


家でできる!
手づくり健康 梅醤番茶
 


口臭が気になる方におすすめの「梅醤番茶」。唾液を出して口臭を抑えるだけでなく、胃腸を温めることで体全体を活性化します。朝食前の空腹時に飲むのがポイント。


材料
  ・梅干し 1粒 
  ・醤油
  ・熱い番茶

作り方
湯飲みに梅干しをひとつ入れ、箸でもみつぶします。そこに醤油をひとたらしし、熱々の番茶を注ぎ入れるだけ。風邪などで体調を崩しているときには、ショウガや大根の絞り汁を盃に一杯分加えてみてください。


におワン倶楽部通信 2007年6・7月号 Doctor’s VOICE


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 便臭