体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 口臭

さまざまな体臭の原因と予防 口臭 

 顧客と顔が対面するような接客業の人では、口臭を気にして話ができなくなる人も。
 口臭の原因は、歯周病などの口腔内の病気以外では、ほとんどが唾液の減少です。

 唾液は雑菌の繁殖を抑え、ニオイそのものを消す天然の消臭剤です。人前で緊張しやすい人は唾液が減少するので口臭が強くなり、そのニオイを気にして無口になると、さらに唾液が減少するという悪循環になります。

 口臭に関しては、沈黙は「金」ではなく「禁」です。

 接客時に緊張しやすい人は、仕事の前に積極的に唾液を出す「口の体操」がおすすめです。口の中で舌を左右に動かし、頬の筋肉を動かすだけでも唾液は出ます。


季刊「ろうさい」 2013年春号VOL.17


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

口臭 健康であれば唾液は無臭なはず!

口臭を防ぐポイントは唾液を出すことにつきます。
口臭は大きく分けて、モーニングブレス(朝のニオイ)、ハンガーブレス(空腹時のニオイ)、ストレスブレス(緊張したときのニオイ)の3つあります。
口内の唾液が少なくなったとき、ニオイは初めて出るんです。
唾液って臭いものだと思われていますが、健康な唾液は無臭なんです。
もっというと、そういう唾液には消臭作用や、殺菌作用があるんです。
出先でワキのニオイが気になったら、唾液をちょっとワキの下に塗って4〜5分置いてみてください。
その後、ウエットティッシュなどでふきとると、すぐに収まりますよ。
唾液は消臭殺菌の特効薬なんです。
例えば、"パタカラ体操"といって、舌や唇、周辺の筋肉(口輪筋、表情筋)を鍛える発声を行うことで、口腔内の筋肉や嚥下の衰えを予防して、改善する口腔体操です。
「ぱ」「た」「か」「ら」と発声するだけなのでお手軽に始められます。
それでもニオうなら口腔内の病気を疑ったほうがいいですね。



週刊女性 2004年6月3日号
ニオイの第一人者・五味常明先生を直撃!
消臭界に激震 知らなきゃ損するニオイの正体と撃退法 より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

こうして治せ!! オヤジの クサ〜い口

口臭は自分では気付かないことがある。防ぐには唾液が出るかどうかが重要だ

ガムや歯磨きでは完封できない
"ぱぴぷぺぽ体操"で唾液を増やせ

 口臭というと、ついガムなどをかんでごまかしたくなる。ところがある専門家はこう言う。
「口臭の原因は普段の生活習慣によるものが多いのです。時には病気が原因のこともあります。ガムの効果がないわけではありませんが、原因から改善しないとシャットアウトするのはムリな種類の口臭もあります」と指摘するのは、医学博士の五味常明・五味クリニック院長だ。
「病気が原因の口臭以外で多いのは生理的口臭のケースです。たとえば寝起きは誰でも多少は口臭がします。寝ている間は唾液の分泌量が少なく、食べかすなどが分解・発酵して口臭が発生するのです。その原因を取り除く必要があります」
 効果を発揮するのが唾液を増やすことだという。
「口臭予防には歯磨きやうがいは有効とか、たばこはダメとか一般に言われていますが、特に唾液を出せることが大切なのは、唾液に含まれるリゾチームという酵素に雑菌繁殖抑制力があるからです。それに加えて、唾液が出ることで雑菌も食べ物の残滓(ざんし)も飲み込んでしまえるからです。口臭の原因から除去できます」
 そして唾液が腸に行くと、今度は腸が唾液をリサイクルしてくれる。腸は1日1g近くも唾液を再生するという。
「最近、唾液が出にくい人も多いのは問題なのです。たとえば口腔内脱水が原因の口臭が、高齢者で水をあまり飲まない人に多くなっています」
 特に暑い時期は、水分を補給して脱水を予防することで口臭を防げる。その後でお茶を飲めばさらによいようだ
「唾液を出すトレーニングもできます。口の中が乾燥している時期などは、口と舌を動かす運動で唾液を増やせるのです」
 そこで有効なのが"ぱぴぷぺぽ体操"だ。これは、口や舌に刺激を与える「ぱぴぷぺぽ」を繰り返して発声するもので、唾液分泌が促進される。食前、食後に行うと、特に効果があるそうだ。
「中には、歯を磨いても消えない口臭もあります。疲労臭といい、アンモニアの臭いがします」
 疲れている人が多いのか、そういう口臭も、いまは多いという。
「人間の体内のアミノ酸が分解されるとアンモニアが出ます。本来なら肝臓でアンモニアは無臭化されるのですが、疲れていると無臭化されず呼吸に出てしまうのです」
 こうした疲労臭ともなると、ガムや歯磨きではダメで、生活習慣を改善して体調を整えなければ口臭は消えない。
「特に食生活です。食事を見直しましょう。塩分・糖分を控え、良質の植物油を使うなど胃腸に負担をかけないことです。腹八分目を心がけ、寝る2時間以上前に食事を終えるようにして胃腸を休ませるようにします」
 気になる口臭を防ぐには、生活習慣を見直してみてはどうだろうか。

甘酸っぱい息は糖尿病の可能性
 前出・五味院長は「病気が引き起こしている口臭もある」とアドバイスしてくれた。
「虫歯、歯周病など口の中の病気以外に、胃腸など内臓疾患による口臭も多いのです。卵の腐ったような臭いは胃炎や胃潰瘍、甘酸っぱい臭いは糖尿病かも知れません。口臭は健康のバロメーターなのです」
 口臭というと歯科に行く人が多いが、当然、口の中以外の病気は歯科では治らない。おかしいなと感じたら、病気を疑ってみる必要もある。


東京スポーツ 2013年11月12日 より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

口臭予防

口臭は最も気になるにおいのひとつ。
一般的には、唾液の分泌が少なくなってくると雑菌が繁殖して口臭が強くなります。
また口臭には、喫煙習慣や歯周病、内臓からくるものなど病気や生活習慣も大きく関わってきます。
下記の予防法を試しても効果がない、強い口臭があるという場合は病気が原因かもしれません。
そのときは専門医を受診して下さい。


雑菌の繁殖を抑えるには…

◆三食きちんと食事をとる
規則正しい食生活は唾液の分泌をよくして雑菌の繁殖を防ぎます。
とくに朝食は大事です。
寝ている間は唾液の分泌量が減るため、朝食を食べることで唾液の分泌が促進されます。


◆緑茶を飲もう
緑茶に含まれるカテキンは抗菌力が強く、口の中の雑菌を抑えてくれます。
食後にお茶を飲んだり、お茶でうがいをするだけで口臭予防になります。

 
「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

口臭には「梅干し」、脇のニオイには「唾液」!? 緊急時のニオイ対策

【五味院長取材記事・番組紹介】
マイナビニュース
口臭には「梅干し」、脇のニオイには「唾液」!? 緊急時のニオイ対策
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/hitomebo/2012/06/post-154.html

 恋人から連絡が来て、急にデートが決まることってありますよね。胸が高鳴る半面、「お昼にニンニクたっぷりのペペロンチーノ食べちゃった!! 」、「外周りだったから半端なく汗かいたんだよな…」など、自分のニオイが気になって恋人に会うのをためらってしまうことも…。その場ですぐにニオイを抑える方法ってないものでしょうか?

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

近距離では特に危険! 口臭

ビニール袋でセルフCHECK!
いつもかいでいる口の臭いは自分ではわかりにくいもの。ビニール袋に息を吹き込み、口をはずして数回呼吸。そして袋の中のにおいをかげば、自分の口臭がわかります。


ニオう【原因】

・唾液が少ない 
・虫歯や胃腸の病気 
・食べ物やアルコールのにおい

唾液は体内で最も消臭作用が強いもの。唾液の分泌が少ない寝起き、空腹時、緊張時は特ににおいます。また虫歯や歯周病、胃腸や肝臓の病気も原因になるので、病気のサインという場合もあります。


解決法

スプーンで"舌苔"を除去
舌苔とは、舌の表面にある白い苔のようなもの。これが多いとにおいの原因になります。スプーンで軽く舌の表面をなぞって取り除きましょう。強くこすると舌を傷つけるので注意して!


唾液を出す

・口の体操
「パピプペポ」の発音を繰り返す体操は、口と舌の刺激になり、唾液の分泌を促してくれます。朝起きたときなど、口が乾いていると感じたときに行うと、口臭予防の効果があります。

・ガムを噛む
・おしゃべりしながら食事する

食事をとると唾液がたくさん出て、口臭対策になります。おしゃべりしながら食べるとさらに効果的。唾液の分泌を促すには、ガムもオススメ。


食後のニオイは? 緑茶うがい&牛乳

にんにくやアルコールのニオイは食後に緑茶でうがいをすれば軽減できます。また食前に牛乳を飲むとにおいの吸収をおさえる効果アリ。
 
ミーナ 2011年6月号 より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

Q.口臭を予防するコツはありますか?

A.唾液の分泌量を増やしましょう。


唾液は天然の消臭剤です。朝起きたとき、緊張したとき、空腹のとき、疲れたときなどに、口臭がきつくなったように感じませんか? これは、唾液の分泌量が低下するためで、誰にでも共通して起こることです。


加齢に伴って唾液の分泌機能は衰えていきますが、よく噛んで食べることで分泌を促進することができます。朝食は抜かずに食べ、空腹時にはガムを噛むようにしましょう。


また、歯垢や舌苔(舌の表面にある苔のようなもの)も口臭の原因になります。ていねいなブラッシングで口内を清潔に保っておきましょう。


 

唾液でもたばこのニオイは消せません

最もすぐれた消臭剤である唾液も、たばこのニオイの主成分「アルデヒド」などの揮発性有機化合物には効果がありません。たばこのにおいを消したい場合はぜひ禁煙を…。


SOCIO HEALTH 2011年春号
人に言えない…お悩み相談室 より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

いやな口臭には緑茶と梅干しが一番

お茶には、緑茶、紅茶、ウーロン茶などいろいろあります。しかし、原料はすべて同じで、加工法が違うだけです。実は、口臭予防効果にも、それぞれのお茶で違いがあります。

これら三種のお茶には、カテキン、カフェイン、各種アミノ酸が共通して含まれています。口臭・体臭を防ぐ効果があるのはカテキンやフラボノイド(ポリフェノールの一種)です。カテキンには、体内でニオイ物質が作られる過程でストップをかける働きがある上、抗菌作用も強いため、口の中の雑菌を殺す効果が大です。また、フラボノイドにも消臭効果があるので、食後に飲む一杯のお茶は、天然の口臭予防薬でもあります。

このようなニオイに効く成分は、緑茶、ウーロン茶、紅茶の順に多く含まれています。

ただし、口臭の原因が虫歯や歯周病の場合には、ウーロン茶がおすすめです。ウーロン茶には虫歯や歯周病の菌を抑える成分が含まれているからです。中華料理などの脂っこい食事の後にも、ウーロン茶をはじめとした中国茶は有効です。紅茶も虫歯予防に効果があるといいますから、食後にお茶を飲むのは理になかったことといえるでしょう。

ここで、お茶で口臭を消す、とっておきの方法を紹介しましょう。出がらしの茶葉を捨てずに、そのままガムのようにモグモグかむのです。口臭を素早く効果的に消したいときは、ぜひお試しください。

梅干しも効果があります。梅干しは、古来から万病に効くといわれてきました。実際、梅干しの有機酸には、コレラ菌にも打ち勝つほどの強力な殺菌作用と、菌の増殖を持続的に抑制する作用があります。食あたり、風邪、頭痛、肩こり、打撲などにいろいろ効きめがあるといいます。

とくに、口臭予防にかけては、梅干しに勝るものはありません。梅干しに含まれるクエン酸が、口の中の雑菌の繁殖を抑制するとともに、その酸味で唾液の分泌を促進するからです。梅干しのクエン酸と唾液の連携によって、口の中の雑菌は見事に退治されるのです。朝は忙しくてなかなかきちんと朝食がとれない場合も、梅干しをひとつ口にするだけで口臭予防になります。食欲のない夏場にも、梅干しを食べて唾液を分泌すれば、食欲増進のきっかけにもなり、夏バテ防止にもつながるでしょう。



五味常明著『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)より


気になる口臭・体臭・加齢臭


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

口臭CHECK

口臭CHECK

@ニオイのついていない紙袋を用意
A鼻と口にぴったりと当てる
B鼻から息を吸って、口から息を吐く、を繰り返す
→Bを繰り返しているうちににおってくるのが自分の口臭だ


食べ物だけじゃない 口にはニオイどきがある

ギョウザやニンニクなど、ニオイの強いものを食べると口がにおうのは当然。
それ以外にもニオイどきがあり、左の通り。寝起きや空腹時、緊張したときなど、唾液が不足気味なときもにおう。

口臭の発生源

歯垢 口の中は温度が高く、食後1〜2時間も放っておくとカスが発酵。
→食後はすぐ歯磨きが理想 食べるたびに磨くのが理想だが、うがいだけでも予防効果はあるぞ。

舌苔 見逃しがちな舌にも食べカスは溜まる。寝ている間に発生するのが特徴。
→毎朝の歯磨き時に取る 舌用ブラシを使って毎朝取りたい。無ければタオルなどで拭き取るもよし。

だ液不足 だ液には洗浄作用があり、そのだ液が不足することで口内に雑菌が繁殖。
→だ液の分泌量を増やす 食事の際、よくかんで食べると分泌量が増える。食後は緑茶などでうがいして。



CHOKI 2011年4月号 より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭

Q.口臭を予防するコツはありますか?

Q.口臭を予防するコツはありますか?

A.唾液の分泌量を増やしましょう。

唾液は天然の消臭剤です。朝起きたとき、緊張したとき、空腹のとき、疲れたときなど、口臭がきつくなったように感じませんか? これは、唾液の分泌量が低下するためで、誰にでも共通して起こることです。
加齢に伴って唾液の分泌機能は衰えていきますが、よく噛んで食べることで分泌を促進することができます。朝食は抜かずに食べ、空腹時にはガムを噛むようにしましょう。
また、歯垢や舌苔(ぜったい…下の表面にあるコケのようなもの)も口臭の原因になります。ていねいなブラッシングで口内を清潔に保っておきましょう。


■唾液でもたばこのにおいは消せません

最も優れた消臭剤である唾液も、たばこのにおいの主成分「アルデヒド」などの揮発性有機化合物には効果がありません。たばこのにおいをけ消したい場合は、ぜひ禁煙を…。
I'm fine 2011年春号

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

| 口臭