体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > ダイエット臭

ダイエットで体臭がキツくなるって本当ですか?

Q「この前、彼から急に"なんかクサイよ"っていわれました。ダイエットで体臭がキツくなるって本当ですか?」(カズミさん・20才)

A YES! 過激なダイエットはやめましょう
単品ダイエットなどの急激な食事制限は、体臭を強くする原因。栄養素が不足すると、体内にある中性脂肪を燃やしてエネルギーを生み出します。中性脂肪は脂肪酸に分解され燃焼されるのですが、代謝が悪いと完全燃焼されずケトン体というニオイ物質に。ケトン体が汗や尿の中に含まれて排出されることで、ツーンとした体臭に。バランスのいい食事と、代謝アップの運動で健康的なダイエットを心がけてください。(五味常明先生)


レイ 2013年9月号 カラダのお悩みアラカルト より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

無理なダイエットが招く「ダイエット臭」

【前略】


食事制限のみのダイエットをしていると、体内のエネルギー源である炭水化物やタンパク質が不足し、体は飢餓状態になってしまいます。そこで、身を守るため、貯蔵していた中性脂肪を燃焼しようとするのですが、このとき、中性脂肪はニオイを放つ脂肪酸に変化するのです。


この脂肪酸が汗と一緒に排泄されると汗臭さを強くしたような体臭、脂肪臭を発生します。これが初期段階でのダイエット臭です。


第二段階に入ると、脂肪臭と前後するようなかたちで、「アンモニア臭」が発生してきます。体内に酸素が充分ゆき渡らないままエネルギーを不完全燃焼させると、疲労物質である乳酸が生成されます。乳酸はアンモニアと一緒に汗に出る性質があるため、汗のアンモニア臭が強くなるのです。


最終段階では、甘酸っぱい「ケトン臭」が起こります。空腹のまま体内の脂肪を燃焼し続けると、脂肪酸はさらにニオイの強いケトン体という物質を生成するようになります。ケトン体というのは、飢餓や糖尿病などで糖が不足した状態にあるとき、エネルギーとして使われるもので、肝臓で合成される物質です。血液検査で血中にケトン体が確認されると、飢餓状態にあると診断され、ブドウ糖や栄養剤、ビタミン剤などを補給する必要も生じてきます。


ケトン臭は別名「飢餓臭」ともいわれ、体を動かさずに断食に近いダイエットを続けていると、そのニオイは徐々に強くなります。まずは口臭、次に汗がにおい、やがて尿臭にあらわれます。


ダイエット臭がするということは、そのダイエット法が間違っている証拠です。


【後略】


五味常明著『気になる口臭・体臭・加齢臭』(旬報社)より


気になる口臭・体臭・加齢臭

タグ:ダイエット

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

ウソ! ホント! ダイエットをすると体臭が改善する

ウソ! ホント! ダイエットをすると体臭が改善する
飢餓状態が続くとニオイの強い物質が生成される
 間違ったダイエットでは、かえって体臭がきつくなる可能性もあります。極端な食事制限をしていると、飢餓状態になった体は、代謝を下げて、貯蔵していた中性脂肪を燃焼しようとします。この状態が続くと、ニオイ成分を含む脂肪酸やケトン体という物質が生成され、汗や尿から腐った果物のような独特のニオイがするようになるのです。ムリなダイエットは、不健康になるばかりか、体臭にまで影響するので気をつけて。
結論 ウソ! ムリな食事制限で代謝が下がると独特のダイエット臭がすることがある


「からだのこと 2010夏」より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)