体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 女性特有のニオイ

夏のオンナのニオイ事情

本当にあったニオイ事件簿

脇をレーザー脱毛した直後はなぜか雑巾が腐ったようなニオイが。
しかも約1週間も継続(T子)。
「脱毛をしたことで脇に意識が向かい、緊張性発汗が促されたのかも。精神的な要因で出る汗は短時間でドッとふき出し、アンモニアを多く含むため、独特のニオイがします」(五味先生)

仕事で追い詰められるほど、頭皮がジリジリ皮脂臭く……!
そんな日はオヤジ臭が強くて、ダンナの枕より自分の枕のほうがクサイ(K実)
「それは皮脂そのものではなく、皮脂が酸化したニオイ。ストレスは活性酸素を発生させ、皮脂の酸化を進めます」(五味先生)

喉の奥から出てくる臭い玉、唐突に出てきて猛烈にクサイ。
咳をしたときなどに喉から出てくる白い塊は、正式には膿栓というらしい(M美)。
「舌に食べ物のカスなどが堆積した舌苔がポロポロとはがれることもあるのですが、喉の問題なら耳鼻科を受診しましょう」(五味先生)


汗が臭うメカニズム

アポクリン腺
タンパク質や脂質などを多く含む汗を分泌し強いニオイやワキガ臭の原因になる。フェロモンの名残ともいわれ、脇の下や陰部周辺、外耳道など特定の部位に分布。

エクリン腺
体温調節が主な働きで、分泌される汗は約99%が水分。ニオイの原因になりにくい。緊張や辛いものを食べたときにかく汗もこちら。唇やまぶたを除く全身に分布。


汗は分泌された直後はほぼ無臭だが、汗に含まれるタンパク質などが常在菌によって分解されることで悪臭に。なかでもアポクリン腺から分泌された汗はニオイやすく、ワキガもアポクリン腺が多いことが原因。「ワキガはアポクリン腺を取り除く外科的手術で根治が可能。一方、汗腺を熱で凝固させる『ミラドライ』の効果は永久とは言いきれません」(五味先生)



SPUR.JP
https://spur.hpplus.jp/beauty/feature/201706/11/OSkISWU/

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

人には聞けない更年期の「臭い」 予防と対策とは?

更年期に入って「臭い」が気になりはじめたという人もいるのではないでしょうか。更年期になると汗のかき方に変化が起きたり、臭いの発し方にも変化が。そんな、人にはなかなか聞けない「臭い」についての予防と対策を、ワキガ・体臭・多汗など「汗」に関する第一人者である五味常明先生に教えていただきました。

更年期になると汗のかき方が変わる
「更年期になると女性ホルモンが減少し始め、自律神経が乱れることで更年期多汗症(ホットフラッシュ)や精神的に不安定になるという症状が出る人が多くいます。ホットフラッシュは、下半身は汗をかかないのに対し、上半身に集中して大量の汗が出ます。この一度に大量に出る汗というのが臭いの強い汗なのです」

「また、精神的に不安定になったり、ストレスが溜まりやすい状況になると、精神性発汗といって、ワキ汗が増えます。ワキはもともと汗腺が多く、汗をかきやすい場所です。この精神性発汗もどっと汗が出やすいため、臭いの強い汗が出てきます」

良い汗と悪い汗、その作られ方
「まず、臭いはどのように発生する仕組みなのかというと、汗というのは全身にあるエクリン腺とワキの下や耳の外耳道、へそ周り、陰部など体の一部にしかないアポクリン腺という汗腺から出ます」

「それらの汗腺が血管の中から血液を汲み取って汗の原料にしています。血液中にはさまざまなものがあり、アンモニアや乳酸といった臭いの元になるものも含まれています。けれどその臭いの元をそのまま放出するわけにはいかないので、一度血液中に戻す「再吸収」というろ過作業を行っているのです。この再吸収機能が高ければ、臭い成分がろ過されるわけですから、ほとんど臭いのない水に近いサラサラの汗(=良い汗)がかけるわけです」

「しかしこの再吸収機能が低下すると、ろ過ができなくなるので臭いの濃度の高いベタベタな汗(=悪い汗)をかくようになります」

「そして、どっと一気に汗をかくという状態はこの再吸収機能が追いつかないため、血液成分が一緒に出てしまうので、ベタベタの汗(=悪い汗)、つまり「臭う汗」をかきやすくなります」

においと女性ホルモンの関係
「女性ホルモンというのは、汗や皮脂腺を抑制する働きのあるホルモンです。発汗や皮脂分泌を調整しています。また、汗の酸化を抑える働きもあります。それに対して男性ホルモンというのはそれらを促進する作用があります」

「更年期は女性ホルモンが低下するので相対的に男性ホルモンが優位になりやすくなります。そのため、更年期になると汗をどっとかきやすい状況になります。そして、皮脂腺の分泌も盛んになりやすく、加齢臭の原因にもなるのです」

「加齢臭の原因であるノネナールという成分は、皮脂腺の中にパルミトレンサンという皮脂が溜まって酸化すると発生します。酸化を抑える女性ホルモンが減少することで、更年期あたりから女性でも加齢臭が出てくることも。更年期を過ぎると男女同じように出てきます」

更年期の臭いの特徴

「更年期多汗症(ホットフラッシュ)のにおいの特徴は、アンモニアが出やすいことです。疲労臭とも言います」

「そして、このアンモニアは加齢臭のにおいを強くする傾向があります。加齢臭と同時にホットフラッシュでアンモニアが出るとにおいが強くなりやすくなります」

臭う人と臭わない人の違い
「臭う人」と「臭わない人」はいるのでしょうか?

「臭う人と臭わない人の違いは、汗腺機能が高い人とそうでない人の違いです。汗腺機能が高い人は、再吸収機能も高いので血液中に成分を戻せます。よって臭い成分をろ過し、臭わない汗にすることができるのです」

予防と対策

「汗腺機能が低下していると濃度の高い汗をかきやすいため、この機能を高めることが大切。それは汗をかき慣れるということです」


「エアコンに依存しすぎないこと、しっとりと汗をかいたり、汗ばむくらいでも十分汗腺機能を高めることができるので、ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめ」

また、暑くなったら1枚脱ぐだけでも多汗の予防になるので、体温調節しやすい重ね着をしたり、汗をかいたらゆっくり腹式呼吸してリラックスする。そして日ごろから半身浴などでゆっくりお風呂に入り、血行をよくすることも重要です。(『匂いのエイジングケア』参考)

更年期の臭いに効果的な栄養素

「更年期の臭いの特徴である、アンモニアができる原因は2つあります。1つは食べ物が分解されてアンモニアが腸の中にでき、それが吸収されて汗に混ざって出るパターン。2つ目は、アミノ酸からアンモニアになるパターンです」

「アミノ酸から分解されるものを「疲労臭」と呼んでいますが、まずは疲労を蓄積しないことが重要です。そして、肝機能を高めることが大切なことです」

「本来は肝臓にあるオルニチン回路というところで、アンモニアを尿素に変換して尿としてアンモニアを排出しているので、汗として排出されないため、体臭にはなりません」

「しかし今、40代の女性でも働いている人が多く、かなり疲労が蓄積されている人もいます。そしてお酒を飲む人も多いですね。疲労が蓄積しているところにお酒を飲んで肝機能が弱くなると、アンモニアを無臭化できなくなります。そのため、疲労を蓄積しないことと、お酒を控えめにして肝機能を高めることが重要となってきます」

「そして、腸の中でアンモニアを作らないこともポイントです。これは加齢臭に対しても言えることですが、肉類や脂っこいものを控え目にすることです」

「肉は腸の中で分解されるとアンモニアができやすくなり、吸収されると汗になります。そのため肉食を控えることが大切です」

「また、腸の中で善玉菌が優勢になると臭いができにくいですが、悪玉菌が優勢になると臭いが強くなります。ここで腸内環境を整える食材の摂取が重要となってくるわけですが、その食材というのが、「食物繊維」「オリゴ糖」「乳酸菌」になります。これは共通して和食に含まれているものなので、和食中心の食事にするとよいでしょう」

更年期の臭いに効果的なサプリメント
「サプリメントも効果があります。疲労臭(アンモニア臭)には、しじみなどに含まれるオルニチンも有効です」

制汗剤も有効

「制汗剤は汗の抑制効果やデオドラント効果だけでなく、使っている安心感という精神的な作用もあります。精神性発汗には特に効果があるといえます」

続きはリンク先を御覧下さい。
https://www.cosme.net/a-beauty/article/I0006594



体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

【足・わき・デリケートゾーン】気になるにおい、解決するコスメあります [VOCE]


汗をかいた後、ぷ〜んとにおう……。隣の人、それとも私!?一度気づくと、気になって仕方がない。本当ににおうのか、それとも気のせいか!?においの正体を知って、自分に合う対処法でにおいケアをスタート。

◆わき
においとともに、大量の汗も気になる……。でもご安心あれ!ずっとにおわない、高機能商品が続々登場中!

【対処法1】汗をかいたらこまめに濡れタオルで汗をふこう
「汗がこもると、わき汗やそのにおいが気になる場合があります。濡れタオルでこまめにわきの汗をふいてにおい予防。汗ふき用のウェットシートなども便利です」

【対処法2】制汗剤はにおいの程度で使い分け
「制汗剤はにおいの強度によって使い分けましょう。においが強い人は直塗り、ほのかに気になる人はスプレータイプを。直塗りの上にスプレーを吹き付けるのも、強力なにおい予防に」

【対処法3】疲れるとにおう疲労臭は、服でのケアが重要
「体が疲れると、体内でつくられる有害物質のアンモニアが肝臓で分解されにくくなり、皮膚からにおい物質が放出されます。この疲労臭のケアは服での消臭が効果的。防臭抗菌素材の下着や、衣類用消臭スプレーを活用してにおいを予防」

◆足
靴を脱いだ途端、ムワ〜とムレたにおいが気になる足。サンダルの季節が来る前に、足のにおいケアを万全に!

【対処法1】手足の汗は緊張性汗が出る!と感じたら深呼吸
「手足から汗が出て困る……という人の多くは緊張性。出たらどうしよう、と思うとよけいに汗をかき、その大量の汗がムレてにおいが気になり始めます。汗が出て気になるときは、大きく深呼吸。大量発汗が収まります」

【対処法2】足用制汗剤を足の裏や指の間にも塗る
「足の裏には汗腺が多く集中し、足の裏だけで一日にコップ1杯分の汗をかきます。靴の中はムレて細菌が活動しやすい場所なので、足用の制汗剤を足裏全体と、意外に汗をかきやすい指の間にもしっかり塗りましょう」

【対処法3】吸汗性の高いインソールを活用しよう!
「足のにおいを予防するには、できるだけ足をムレないようにすることがポイントです。吸汗抗菌性の高いインソールをいくつか用意して、1日使ったら、乾かして使いましょう」

【対処法4】はいた靴は1日陰干し&10円玉も効く
「湿気を含んだままの靴をはき続けることは、においをため込んでいるのと同じこと。1日はいた靴は陰干しをして、2日続けてはかないように心がけて。はいた靴の中に10円玉を入れておくと、銅のイオンの作用でにおいを消臭できます」



続きは下のリンクを御覧下さい。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00010001-kjn-life&p=1

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

デリケートゾーンのニオイはどうすればいい?誰にも聞けない悩みを解決!

「最近ニオイが気になる」「私は普通じゃないのかな」と、悩んでいる女性が増えているというデリケートゾーンのニオイ。人と比べることもできないため、一人で苦しみを抱えている方も多いでしょう。

ニオイは女性にとってとても重要なもの。そんなデリケートゾーンのニオイに対する「なぜ」と「どうすべきか」を詳しくご説明します。

デリケートゾーンがニオうのはなぜ?

まず知っていただきたいのは、人のからだは多少のニオイが必ずあります。それは異常ではありません。ニオイを気にしすぎることが、ニオイを発生させる悪循環にもなります。リラックスした気持ちで毎日を過ごしていきましょう。

デリケートゾーンの周辺は汗の量が多く、蒸れやすい部位です。「足のニオイ対策」でもあるように、汗がこもる場所は雑菌が繁殖しやすく、ニオイも強くなる傾向があります。
足のニオイ対策はこれが正解!夏の素足に自信をもとう
特に、デリケートゾーンはおりものを筆頭に、尿、汗、垢、経血など、雑菌の餌となる物質がたくさんあります。汗くささとは、実は汗そのもののニオイではなく、雑菌が排出する老廃物のニオイ。つまり、餌が増えるほど殺菌が繁殖し、老廃物が増え、ニオイが強くなってしまうのです。

では、どうすればニオイは防げるのでしょうか?


デリケートゾーンのニオイ予防は「雑菌に餌を与えない」こと

ふだんからおりものシートを使い、こまめに取り替えることを実践してみてください。おりものはタンパク質が豊富で、雑菌にはかっこうの餌になります。そして、綿など通気性のいい下着、締め付けのきつくない下着をつけるよう心がけましょう。

もし「最近になってニオイが気になってきた」と感じる方がいれば、それは食生活の問題が考えられます。肉や油っぽいもの、ニオイの強いにんにくやニラ、香辛料などを習慣的に食べていると、ニオイがきつくなる傾向があります。野菜を中心の生活を心がけていきましょう。

また、おりものの変色や量の変化などを伴ってニオイが強くなった場合は、婦人病の可能性もあります。できるだけ早く婦人科を受診してくださいね。


年齢とともにニオイがきつくなるのはホルモンバランスの影響

女性の体は、28日周期だけでなく、年齢とともにホルモンバランスが変わります。それによって、デリケートゾーンのニオイが強くなるケースもあります。しかし、それは病気でも異常でもありません。あまり過敏にならず、女性ホルモンの分泌を促す、規則正しい生活習慣を心がけていきましょう。

また、体が疲れている時、ストレスが溜まっている時は、ニオイも強くなります。イソフラボンが豊富な大豆食品・豆乳などを多く摂り、すこやかな暮らしをめざしてくださいね。



大人すはだ


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

私もニオってる?ママの体臭問題

猛暑続きの今年の夏。汗対策をきちんとしているのに、ふとした拍子に嗅いだ自分の汗のニオイにギョッとすることも…。どんなとき、汗のニオイは強くなるのだろうか? その対策は?

体臭に関する治療を行う五味クリニック院長・医学博士の五味常明(ごみ・つねあき)先生に聞いた。

「汗は臭いものだと思われがちですが、体温調整などのためにエクリン腺から出る汗の成分は99%以上が水分です。そのため、サラサラしていてほとんど臭いません。これが『良い汗』といわれます。とはいえ、1時間ほどで皮膚の細菌や垢が反応して臭うようになります。汗が出たらそのままにしないで、固くしぼったぬれタオルで拭くことが大切です」(五味先生 以下同)

『良い汗』がある一方で『悪い汗』もあるという。どのような理由で汗の質は変わるのだろう?

「運動不足やストレスなどの影響でエクリン腺がうまく機能しなくなると、ベトベトした蒸発しにくい汗をかくことがあります。これが『悪い汗』です。蒸発しにくいうえ、皮膚の表面がアルカリ化するので常在菌が繁殖しやすくなり、汗のニオイが強くなるのです」

市販のデオドラント剤(制汗剤)にはさまざまなものがあるが、制汗作用のあるミョウバンを使ったミョウバン水溶液も制汗や防臭に役立つそう。汗対策に効果的なミョウバン水溶液のつくり方は次の通りだ。

●ミョウバン水溶液の作り方
1. 1.5リットルの水に50gのミョウバンを溶かす。
2. スプレー容器にいれて、ニオイが気になる部分にスプレーする。
※よく混ぜてもとけないときは、そのまま1日放置しておくと透明に液になる。
※冷蔵庫で1カ月近くはもつが、1〜2週間で使い切りるのが理想。

「ミョウバン水溶液を市販のスプレー容器に入れて、脇や胸、背中や足などニオイが気になる部分にスプレーします。また、コップ1杯のミョウバン水溶液を湯船に入れて入浴すると、全身のニオイ消しにもなりますよ」

●ダイエットで体のニオイが増す!?
また、覚えておきたいのが無理なダイエットでも汗臭さが増すこと。いわゆる「ダイエット臭」について、五味先生は次のように解説する。

「1日に摂るカロリーを極端に減らすと、体内のエネルギー源が不足するため、体は体内に貯蔵している中性脂肪を燃焼させてエネルギーを確保しようとします。このとき中性脂肪が脂肪酸に変化して汗を一緒に排出されるので、汗臭さがより強くなった脂肪臭がするようになります。これが第1段階のダイエット臭です」

無理なダイエットを続けると、汗にアンモニア臭が混じった第2段階のダイエット臭が発生するという。

「さらに、甘ずっぱい臭いの『ケント臭(飢餓臭)』が口臭や体臭からするようになったら、危険信号です。ダイエット臭は、基礎代謝がきちんと行われる正しいダイエット方法に切り替えることで解消されますよ」

汗や体臭は食事や体調とも深い関わりがある。汗が強く臭うときは制汗剤を使用するだけでなく、その理由を考えてみよう。


R25

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

永久脱毛をすると、臭うようになるの?

Q:レーザー脱毛などの、いわゆる永久脱毛の施術を行うと、臭うようになることがあると聞きました。本当でしょうか?

A:脱毛を行ったことにより、脱毛した部分に意識が集中するため、精神性発汗を伴うことがあります。精神性発汗とは、無意識のうちになんらかの緊張を感じてかく汗です。汗が増えるので、ニオイが強くなる可能性があると言われています。

 ワキの永久脱毛などで汗が増えた人には、ボトックスが効果的です。ボトックスとはボツリヌス菌を無毒化したもので、ワキの皮下に局所注入すると、汗が6〜8割は減り、その結果、ニオイも抑えられます。ボトックスの効果の持続期間は約半年ですが、注入を2、3回繰り返すと、汗を抑えているために汗腺機能が衰えます。その結果、ボトックスが排泄された後も、汗が少なくなる人が多いようです。(五味院長)



体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

デリケートゾーン ニオうからといって洗いすぎはダメ!

意外にワキガより悩んでいる人が多いのがデリケートゾーンなんです。
俗にスソワキガと呼ばれているものは、陰部有毛部に存在するアポクリン腺から生じる体臭の一種で、基本的な発生メカニズムは腋下のワキガ臭と同じ。
しかも精神性発汗が起こりやすく、風通しが悪いからオリモノとこもったニオイが一緒になる。
膣の中はデーデルライン乳酸桿菌という常在菌がいることによって、弱酸性が保たれているんです。
菌の繁殖を菌で抑えているんですね。
だからあんまり洗いすぎると、菌が死んでしまいアルカリ性になるんです。
そうなると乳酸菌によって膣が守られない状態になるので感染症にかかりやすくなります。
でもスソワキガの方は本当にまれ! 陰部のニオイで効果的なのはヨーグルトパック。
お風呂の中でヨーグルトを膣の中に塗布すると効果的です。
ただ、病気のせいでニオうこともあるので、気になるようなら受診をしてください。



週刊女性 2004年6月3日号
ニオイの第一人者・五味常明先生を直撃!
消臭界に激震 知らなきゃ損するニオイの正体と撃退法 より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

ニオイ大丈夫? 発生源を知って正しい対策を!「女のニオイ」ピンポイントケア5

近くにいる女性からイヤなニオイがしても、「もしかしたら私も……?」と不安になったことはありませんか? 
からこと世代は、実は体のニオイが変化しているとき。特にニオイが気になるこの季節、きちんとケアをしてニオわない女に!


あなたのニオイは大丈夫? 危険度チェック

□40歳以上である  男女問わず40歳前後から、加齢臭の原因物質「ノネナール」が分泌されるように。女性も油断禁物。
□脂っこい料理が好き  動物性の脂肪を摂りすぎると、皮脂腺や汗腺からの皮脂の分泌が増加。体臭が強くなる原因に。
□毎日のようにお酒を飲む  お酒は体内で分解されると、悪臭の原因に。飲み過ぎは、加齢臭の加速にもつながります。
□ストレスを溜めやすい  ストレスによって皮脂腺が酸化すると、加齢臭と同じようなニオイがすることが。
□ベタベタした汗をかく  日頃汗をかかない人は要注意。汗腺機能の低下で、ニオイ成分を多く含む濃い汗をかきやすくなります。
□睡眠不足  睡眠が不足すると、代謝が低下、ニオイに関係の深い肝臓の機能もダウン。ニオイ成分を含む汗に。

当てはまる項目が多いほど危険!


加齢、ストレス、疲労 ニオイの原因はさまざま

「ニオイの発生は、皮膚の上で雑菌が繁殖しておこる場合と、皮脂腺や皮膚そのものからニオイ成分が直接出る場合があります」と汗やニオイ治療の権威五味先生。
 特にからこと世代が気をつけたいのが、皮脂腺や皮膚から直接出るニオイだとか。
「40歳を過ぎると、皮脂から”ノネナール”というニオイ物質が発生。男性だけでなく、女性にも加齢臭はあるんです」
 また、ストレスや疲労、食習慣や運動不足もニオイの原因に。
「ストレスが原因で皮脂腺が酸化する ☆☆☆ 体内に乳酸が増え、汗の成分にアンモニアが増加。これがニオイの元になるんです」
 からこと読者アンケートでも92%が自分のニオイを気にしているという結果が。これからの季節、汗のケアはもちろんのこと、加齢やストレス、疲労などによるニオイにも気配りが必要かも。まずは、自分のニオイや生活習慣をチェック。生活習慣の見直しや、ニオイの発生しやすいパーツの正しいケアが、ニオイ対策の第一歩です。


【体の洗い方の基本】
すべてのパーツケアにいえることは、肌へ過剰な刺激を与えないこと。そのために守りたい2つの基本を紹介します。

ゴシゴシ洗い過ぎは禁物!
ニオイを気にし過ぎて、体をゴシゴシ洗い過ぎるのはNG。肌を弱酸性に保つ常在菌が減り、ニオイの原因になる黄色ブドウ球菌や真菌などが増えて、体臭が強くなってしまう可能性が。きめ細かい泡で毛穴まで優しく洗うことが大切です。

固形石けん&天然素材のタオル
「界面活性剤」を含んでいるボディソープより、石けん成分主体の固形石けんがオススメ。また、皮脂を取り過ぎてしまう硬い素材のタオルは避け、 ☆☆☆ など天然素材のタオルの使用を。成分が残らないよう、しっかり洗い流すのもポイント。


(ニオイの発生源はココ! ニオイ対策のコツ)
気をつけてしっかり洗っているつもりでも、実は落とし穴があることも。ニオイの発生源を知って正しいケアをすれば、ニオイなんて怖くない!

読者の気になり度5位 耳の後ろ

女性もココから加齢臭が!
皮脂の分泌が活発な、隠れニオイスポット。あまり汗をかくイメージがない部位なので、洗いそびれてしまいがちですが、実は、ノネナールが発生している可能性大。枕のイヤなニオイもココのニオイが原因かも。

ケア法 意識して洗って! でも洗い過ぎは注意
とにかく洗い残さないように気をつけることが重要。ただ、気になるからとゴシゴシ洗い過ぎは禁物。ニオイの原因菌が増えてニオイが強くなってしまうことも。

消臭にはポリフェノールやみょうばん
消臭効果のある”ポリフェノール”を配合した石けんを使ったり、”みょうばん水”(みょうばん50gと水1.5Lを混ぜる)を塗布するのも効果的。


読者の気になり度4位 性器

皮脂が多くムレやすい
性器はもともとニオイやすい部位。下着やパンストでムレると、雑菌が繁殖しニオイの原因に。また経血やオリモノもニオイの元。毎日の正しいケアで対策を。

ケア法 外は優しく膣内は洗わない
複雑な構造の女性器。溝の間やひだも、石けんをよく泡立てて優しく洗いましょう。ただ、膣内まで洗うのはNG。膣の入り口にシャワーを当てる程度で十分です。

通気性のよい下着をチョイス
この時期は特にムレやすいデリケートゾーン。少しでもニオイを防ぐためにも、下着はシルクなどの通気性のよいものを。ガードルなどで締めつけないのもポイント。


読者の気になり度3位 足

汗や皮脂が靴の中でムレて悪臭に
足のニオイの原因は細菌。長時間密閉された靴の中は、細菌が繁殖しやすい温度と湿度が整った場所。さらにはがれた角質が細菌のエサになり繁殖しやすい環境に。

ケア法 指の間をよく洗い角質層のお手入れを
ムレない工夫が足のニオイを防ぐコツ。入浴の際は、指を広げて指の間を1本ずつ丁寧に洗いましょう。また、日頃からの角質層のお手入れも忘れずに。

ニオイ撃退には酢液のフットバス
洗ってもニオイが気になるときは、酢液がオススメ。大きめの洗面器に熱めのお湯をはり、大さじ3杯の酢を入れ、足を10〜15分浸けます。最後に保湿クリームを。


読者の気になり度2位 頭

皮脂が多くニオイやすい
ニオイを洗い流すことにより作 ☆☆☆ ニオイの発生原因は、洗い過ぎによるとか。体と ☆☆☆ 洗浄力の強すぎないシャンプーでよく洗いましょう。

ケア法 温水で優しく洗いしっかり乾かす
シャンプーは指の腹で優しくマッサージするように行うのがコツ。また、生乾きのままにしておくと髪の毛がニオイを吸いやすいので、しっかり乾かして。

シャンプー前のオイルマッサージも効果的
オリーブオイル(小さじ2杯弱)を手に取り、地肌にまんべんなくのばします。熱い蒸しタオルを巻いて20分ほどおき、シャンプーで洗います。週に1〜2回が目安。


読者の気になり度1位 ワキの下

汗がたまり雑菌が繁殖しやすい
特にこの時期気になるのがワキのニオイ。ワキは汗をかきやすく、汗に雑菌が繁殖してニオイの原因に。また皮脂腺が密集しており皮脂が多いので、ニオイの原因物質ノネナールも発生しやすい部位。

ケア法 入浴剤の代わりに重曹をひとつまみ
ワキの下のニオイ予防には重曹がオススメ。重曹には殺菌作用があり、ニオイの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。ワキの下に塗っても効果あり。

しつこいニオイにはペーストタイプのものを
ニオイの強さによってデオドラント商品を選ぶことも大切。またニオイを気にし過ぎてつけ過ぎるのは、より強いニオイになってしまうことがあるので要注意。


からだにいいこと 2014年8月号

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

女性が気になる気にするニオイ

月経
月経前は女性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になり、その結果、体臭やわきが臭などが強くなる傾向にあります。


においの原因
◆皮脂の分泌が増えると皮脂腺に脂肪酸が詰まり、それが酸化してにおう。

◆経血や外陰部の汗などが蒸れることにより、雑菌が繁殖してにおう。


対策
◆シャワーなどで清潔に保つ。
ただし、洗い過ぎに注意。

※正しい洗い方は後述
◆通気性のいい下着、ナプキンを使用する。

◆ナプキンやタンポンは3時間くらいの間隔で取りかえる。
 
デリケートゾーン

多少のにおいがあるのは当たり前。
あまり神経質になる必要はありませんが、おりもののにおいがいつもと違うときは要注意。


においの原因
◆正常なおりものは甘酸っぱいにおいがする。
病気があると悪臭をともなうことも。

◆下着やストッキングで蒸れて、雑菌が繁殖してにおう。
◆脂っこい食事やにんにくなどを大量に摂ると、においが強くなる。
◆日本人ではごく少数だが、「すそわきが」と言われるアポクリン腺からのわきが臭。


対策
◆正常なおりもの以外のにおいに気づいたら婦人科を受診する。

◆シルクなどの通気性のいい素材の下着をつける。
ガードルなどでしめつけない。

◆脂っこいものや肉、においの強い食材をたくさん摂らないようにする。
◆日本人の「すそわきが」は軽く、専門医の治療でほとんどが簡単に治せる。
 
更年期

女性ホルモンには汗腺機能を調節する働きがあります。
そこでホルモンバランスが崩れると汗がコントロールできなくなり、強くにおうことがあります。


においの原因
◆全身ではなく、体の一部からどっと汗をかくと、においの強い汗になりやすい。

◆自律神経のバランスが崩れて汗をかくと、アンモニアなどのにおい物質を含むことが多い。


対策
◆体温調節のしやすい重ね着をする。
暑くなったら1枚脱ぐだけでも多汗の予防になる。

◆汗をかいたら、ゆっくり腹式呼吸をしてリラックスする。
◆日頃から半身浴などでゆっくりお風呂に入り、血行をよくする。
 
「匂いのエイジングケア」(有楽出版社)より

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

女性器 ―ニオイ部位別の消臭テク

生理時に強くなる
生理前は、ホルモンの関係で皮脂の分泌が増え、ニオイにつながります。また、経血の酸化も発生源に。ちなみにふだん膣は、殺菌力の強い菌の力で、内部を清潔に保っています。石けんでゴシゴシ洗ったり、膣内を洗浄すると、菌の働きを低下させ逆効果に。また、無理なダイエットや疲労で代謝が悪くなることで、菌の殺菌力が弱まることも。
テク ヨーグルト制菌
体調が悪く、膣を守る菌の働きが低下しているときは、ヨーグルトの乳酸菌が代役となって膣を守ります。
やり方 プレーンヨーグルト小さじ1ほどを、外陰部に塗る。かゆみが出たら使用を中止して。
 
からだにいいこと2012年8月号

体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)