体のニオイの悩みに応える体臭ブログ

わきが多汗症治療に長年携わってきた五味クリニック院長五味常明が、体臭対策、体臭予防をご紹介します。
体のニオイの悩みに応える体臭ブログトップ > 女性特有のニオイ

月経時のにおいはムレからくることが多い

女性の体臭は、月経周期に合わせ微妙に変化しています。
月経周期は、女性ホルモンの分泌に応じて変化していきますが、月経前になると、ホルモンの影響で皮脂腺が刺激され、皮脂が多く分泌されるようになります。分泌される皮脂があまり多いと、腺の出口がつまり、皮脂腺中の脂肪酸が酸化し、においがより強くなります。
ただし、月経周期のにおいの変化には個人差があり、排卵期に強く感じる人、月経前にきつくなる人などさまざまです。これは、嗅覚の変化も影響しているかもしれません。女性の嗅覚はホルモン分泌の変化に影響され、一般的に排卵期になると嗅覚が敏感になり、月経時にはやや鈍感になるといいます。
月経時になると、なんとなく性器周辺のにおいがきつくなったような気がします。たしかに、月経になって血液が膣から外に出て酸化すると、においが発生します。酸化した血液のにおいは、鉄さびに似ているといいますが、これ自体はほとんど感じられないにおいです。
むしろ月経時のにおいは、ムレからくることが多いように思います。ナプキンを当てたままにしていると、ムレてきます。もともと性器周辺部は汗をかきやすい箇所でもあり、長時間当てていると、雑菌が繁殖しやすくなります。その結果、においの発生を招くのです。
さらに、ナプキンの上にはく生理用ショーツもムレやすい材質のものが多く、においの発生を加速させます。そのうえ、ストッキングやガードルをはき、局部を締めつけていれば、ムレるように、においを発生するようにといわんばかりの装いになってしまうでしょう。
ショーツやナプキンは、通気性・吸収性の高いものを使い、月経中はとくにガードルなどで締めつけないようにしましょう。また、ナプキンをこまめにとり替えるようにします。
シャワーなどで、清潔に保つことは大切ですが、洗いすぎてはいけません。殺菌作用の強い石けんやビデなどで洗いすぎると、膣を守る常在菌までやっつけてしまって雑菌の侵入を許し、炎症をおこすことになりかねません。ごしごし洗うのではなく、外からザァーッと流す程度にします。


暮らしと健康2005年7月号より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)

カラダのいや〜なニオイをとる! 女性特有のニオイ

 女性には月経があります。体臭は月経の影響を受けて変化しますが、嗅覚も変化します。排卵時や妊娠時には嗅覚が敏感になり、通常の体臭より強く感じますので、気にしすぎないことも大切です。
 月経のニオイは、出血のニオイよりむしろ「ムレ」が原因となります。ナプキンや生理用ショーツでムレやすいものは、雑菌が繁殖してニオイを強くします。その上にストッキングやガードルをはき、局部を締めつければ最悪です。通気性や吸湿性のよいものを使用し、月経中は局部を締めつけないことです。


洗いすぎは、逆効果!?

 シャワーなどで清潔を保つことは大切ですが、洗い過ぎは禁物です。もともと膣には自浄作用があり、外からの雑菌の侵入を防ぐ作用があります。殺菌作用の強い石鹸などで洗い過ぎると、膣を守る常在菌までやっつけてしまい、逆に炎症をおこして、ニオイが強くなることがあります。
 性器には、もともとニオイがあってあたりまえですが、おりもののニオイが急に変化したり強くなったりしたときは、膣のカンジダなどの炎症やガンなどの子宮の病気が原因のこともありますので注意しましょう。


別冊PHP2009年9月増刊号

大特集 おかあさんの「思い」が伝わる!
子どもの叱り方 完全保存版
悩み2 カラダとお部屋の"消臭"大作戦! より


体臭についての相談(回答内容別)
体臭についての相談(質問内容別)